景勝車窓・わたらせ渓谷鐵道11

02、下新田信号所(しもしんでん)Shimo-shinden


下新田信号所になり、JR両毛線と合流します。
右手にJR両毛線の留置線が広がっています。


渡良瀬川を引き上げ線とともに渡ります。
立派なトラス構造です。
複線のようになっていますが、
1線は電留線への引き上げ線(写真右の線)なので、実際は単線です。


渡良瀬川を渡るとカーブになります。


やがて切通しから高架になります。


高架の桐生駅に入ります。
桐生駅は2面4線になっています。

01、桐生(きりゅう)Kiryu


桐生駅は、JR両毛線とともに高架ホームです。
わたらせ渓谷鉄道のりばは、JR両毛線兼用の一番北側の1番線ホームです。
わたらせ渓谷鉄道車両は、足尾銅山にちなんであかがね(銅)色に塗装されています。
トロッコ以外のわたらせ渓谷鉄道の車両は、様式・形状に関係なく、わ89形気動車で、
車内設備などでこまかい番代を分けています。
わ89形気動車の「89」とはわたらせ渓谷鉄道設立の1989年からとっています。
車体デザインは写真のような一般鉄道タイプとレールバスタイプの2種類があります。


車内はセミクロスシートになっています。
照明は天井中心部分しかないので、トンネル入ると車内が暗くなります。


運転台です。ワンマン運転のため、半室タイプです。
マスコンは横軸です。


わたらせ渓谷鉄道の時刻表です。8時台にも間藤行きがあってもいいような気がしますが・・・。

川柳五七の電車のページ5Sへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ