景勝車窓・わたらせ渓谷鐵道10

05、運動公園(うんどうこうえん)Undo-Koen


片面1線の駅で、わたらせ渓谷鉄道になってから新設された駅です。
付近は新興住宅地になっていて、結構家が建て込んでいます。


上毛電気鉄道や道路と交差します。


まっすぐ進みます。


右手から東武桐生線が寄り添ってきます。

04、相老(あいおい)Aioi


相対式2線ですが、上下線がかなり離れています。
地名は「相生」ですが、山陽本線の駅と被らないよう「生」を「老」にしたようです。
第3セクターになっても駅名を直さないのは、
乗り換え路線の東武鉄道にあわせている関係だと思います。
相老駅の駅舎は古めかしく、跨線橋には屋根がありません。
東武の特急「りょうもう」が相老駅に停車する関係で、
東武鉄道からの乗り換え客が多いです。


やがて東武桐生線と併走します。


東武桐生線はのぼり勾配になり、分かれていきます。


東武桐生線と分かれるとカーブになります。


右手からJR両毛線が近付きます。

03、下新田(しもしんでん)Shimo-Shinden


わたらせ渓谷鉄道でもっとも新しい駅で、最近できました。
でも、片面の寂しい無人駅ですが・・。
横を走っているJR両毛線にはホームはありません。


JR両毛線の架線柱ビームがわたらせ渓谷鉄道部分まで延びていますが、
架線は張られていません。

景勝車窓・わたらせ渓谷鐵道11

川柳五七の電車のページ5Sへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ