景勝車窓・わたらせ渓谷鐵道7


渡良瀬川に沿って走ります。


右に左にくねくね走ります。


桐生黒保根の集落の中を走ります。


切り立った切通しを通ります。


5月には空で泳いでいるこいのぼりが見られます。

09、水沼(みずぬま)Mizunuma


相対式2線の駅です。桐生黒保根の集落はこの駅より若干上流にあります。
付近は公園として整備されています。


右の建物は温泉センター「せせらぎの湯」です。
お風呂が駅にある駅では上諏訪駅の次に有名です。
残念ながら上諏訪駅のようにホームに温泉があるわけではないですが、
旅番組でわたらせ渓谷鉄道が紹介されたときには、ほぼ90パーセントの確率で
「せせらぎの湯」が登場します。
水沼駅では、鉄道ファン数人が下車して、温泉センターにいきましたが、
地元住民は自家用車で来ているようなので、
あまり駅にある意味がないような気がします。
なお、水沼駅は無人駅ですが、せせらぎの湯で切符が購入できます。


水沼駅で豪華イベント列車サロン・ド・わたらせ号と交換しました。
トロッコ列車とともに観光客に人気です。


水沼駅を出るとすぐ家並みは途切れます。


岩石が荒々しい切通しの中を走ります。


ちらちら木々の間から渡良瀬川が見えます。


家は全く見られません。


自然の中を走ります。

景勝車窓・わたらせ渓谷鐵道8

川柳五七の電車のページ5Sへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ