景勝車窓・わたらせ渓谷鐵道5

13、神戸(ごうど)Godo


相対式2線の駅です。草木湖などの観光スポットの最寄り駅なので、
観光客の利用が多い駅です。
国鉄時代は東海道・山陽本線の神戸駅と間違えないように、
「神土」駅と表記していましたが、
わたらせ渓谷鉄道になってから本来の表記になりました。


駅舎はこれまた古いです。一見農家の住宅に見えます。
なお、神戸の集落はここから坂を登った台地上にあります。


神戸駅の駅舎と反対側のホームには、
元東武のデラックスロマンスカーを改造したレストラン、「清流」があります。
デラックスロマンスカーは青塗装になってしまい、イメージがかわってしまいました。
レストランには団体観光客が結構入っていました。


要害の中を短いトンネルで進みます。


屈曲する渡良瀬川に沿って走ります。
神戸〜小中間の国道は、山の中腹の台地をほぼ真っ直ぐ結んでいるのに対し、
わたらせ渓谷鉄道の小中〜神戸間は南に迂回しているので、
若干距離のロスがあります。


まさに「わたらせ渓谷」です。


雄大な中を走ります。

12、小中(こなか)Konaka


片面1線の駅です。ここは国鉄時代から片面1線だったようです。
駅舎はコンクリート製の待合室しかありません。


小中駅を出ると、小中川を渡ります。


小中の平地はすぐ終わります。


珍しく直線区間になります。
わたらせ渓谷鉄道は急勾配とカーブが多く、
非力な気動車を使っているので、
だいたい時速40〜55KMで走っています。
だた、桐生行きは連続下り勾配なので、
時速70KMの最高速度を出すことがあります。


渡良瀬川のすぐ横を走ります。

景勝車窓・わたらせ渓谷鐵道6

川柳五七の電車のページ5Sへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ