道了尊へ伊豆箱根鉄道大雄山線4

11、富士フイルム前(ふじふいるむまえ)FujiFilm-Mae


片面1線の駅です。富士フイルムの工場従業員が多く利用するため、
ホーム幅を広く取っています。
次の大雄山駅まで0.5KMしかないため、
大雄山駅の駅舎と駅前のユニー(ヴェルミ内)がよく見えます。
ぢつはこの駅名、富士フイルム前か富士フィルム前か分からなかったりします。
駅サイン関係や放送は富士フイルムなのですが、
伊豆箱根鉄道のサイトは富士フィルムだったような・・・。
会社名は富士フイルムで間違いないのですが・・・。


富士フイルム前駅を出ると、心持線路を左にふり、
右側に保線用の側線が始まると、終点大雄山駅です。

12、大雄山(だいゆうざん)Daiyuzan


南足柄の中心地にある駅で、島式2線になっています。
その他、南側に車両留置用の側線が3線、北側に車両検車庫があります。


大雄山駅にて。5000系電車オールロングシート車(右)とクロスシート車(左)です。
クロスシート車はスカートをつけているのが特徴です。


検車庫には事業用のコデ165型電車がありました。
元大雄山線で活躍していた旧型車です。
現役時は西武赤電カラーでしたが、
今は作業で識別しやすいようイエローになっています。


大雄山駅駅舎です。三角屋根が特徴です。
駅舎は古いですが、駅周辺は商業集積ビル「ヴェルミ」が取り囲んでいて、
ミスマッチな光景が展開されています。


大雄山駅横のロータリーでは道了尊行きのバスに乗り換えられます。
乗車時間は約10分強です。
道了尊は結構すごい寺です。行ってみる価値が十分にあります。

川柳五七の電車のページ5Rへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ