温泉めぐり伊豆箱根鉄道駿豆線4

10、田京(たきょう)Takyo


田京駅は2面3線になっています。駿豆線は優等列車が走っている関係か、
2面3線が多いです。駅は伊豆の国大仁の市街地にあり、住宅も結構あります。
なお、この駅からでも伊豆長岡温泉や葛城山へ行けます。


田京駅から更に南下しますが、徐々に山が迫ってきます。


片側が住宅、片側が水田の中を走ります。


東芝テックの工場が見えてくると大仁駅です。

11、大仁(おおひと)Ohito


カーブ上にある2面2線の駅です。特急踊り子が停車します。
交換しないときは、構内踏切を遮断させないために常に駅舎側でない方の線にとまります。
交換時は、構内踏切の遮断で降車客が踏切待ちをしないよう、
修善寺駅行きは駅舎側のホームで乗降を行っています。
大仁温泉はこの駅が近いです。


大仁駅を出ると急カーブになり、進行方向が南西から北東に変わります。
ほぼ180度の方向転換です。


しかし、やがて東に進路がかわり、直線になります。
このような面白い線形になったのは、狩野川沿いに線路を敷いたためです。

12、牧之郷(まきのこう)Makinoko


再び南に進路を変えたところにある、
相対式2線の駅です。この駅名は「まきのう」ではなく、「まきのう」です。
終点修善寺駅に近いのと、家がまばらで駅勢圏も狭いので利用客が少ないです。
そのため無人駅となっています。


少し走って急カーブで西に進路が変わると終点修善寺駅です。

13、修善寺(しゅぜんじ)Shuzenji


2面4線の比較的規模の大きい駅です。
ホームの牧之郷駅よりはカーブになっています。
南側の島式2線(写真左側)を普通電車、
北側の島式2線を特急踊り子が使用しています。
これは北側のホームの方が長く、踊り子の5両編成でも停車できるからです。


車止めから。丁度特急踊り子が停車していました。
こうしてみると北側のホームの方が長いことがよく分かります。
なお、南側のホームは頭端式なので、構内踏み切りを渡らずに改札口に行けるのですが、
北側のホームはホームの先にも線路があるため、
構内踏切を渡って改札口に行きます。


修善寺駅の名物。動く通路??
3番ホームに特急踊り子が停車すると、
停車位置が構内踏み切りギリギリとなり大変危険なため、
車止めよりにこの通路を設置して改札口にいけるようにしています。
でも最近は4番ホームに主に停車するようにしているせいか、
この通路をあまり使っていないようです。


これは2年ほど前の写真で、動く通路が使われている時のものです。
このときは動く通路の塗装を塗りなおす前だったので、錆びだらけです。


修善寺駅の駅舎です。駅前は伊豆市の市街地になっています。
修善寺温泉へはバスに乗って行きます。
また、天城峠など伊豆の代表的観光地の最寄り駅となっていて、
各方面にバスが出ています。

〜続いては伊豆箱根鉄道大雄山線の特集です!〜
道了尊へ伊豆箱根鉄道大雄山線1

川柳五七の電車のページ5Rへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ