工場見学私鉄・岳南鉄道4

08、須津(すど)Sudo


島式2線できのこ形屋根の岳南鉄道標準の駅です。


須津駅からは枕木が木の区間が多くなります。


山の裾野に畑が広がり、景色が良いです。
写真のところで須津川を渡ります。


低い盛土のカーブ区間を行くと、神谷駅です。

09、神谷(かみや)Kamiya


神谷駅は片面1線で交換できません。
駅が最近改修されたようで、ホーム屋根は新しいです。
付近は新興住宅地のようになっています。
なお、浅間古墳はこの駅下車となります。


家が結構建て込んでいる中を行きます。


JR東海道新幹線の下をくぐると終点岳南江尾駅です。
上の新幹線は時速200キロ以上で走っているので、
車窓から岳南鉄道の交差に気付く人はあまりいないと思います。

10、岳南江尾(がくなんえのお)Gakunan-Enoo


岳南江尾駅は、島式2線です。
その他使われていない側線があります。


岳南江尾駅に停車中の8000形電車です。
唯一2両編成になっています。
「がくちゃんかぐや富士」と言う愛称がついています。


8000形電車の運転台はワンハンドルになっています。


8000形電車の車内です。開く扉は駅や時間帯によって異なります。


岳南江尾駅の駅舎とホームの間に側線があります。


岳南江尾駅駅舎です。駅が「驛」です!
現在は無人駅で、窓口には木の板が貼り付けられていて使われていません。
駅周辺こそ小工場や住宅などがありますが、
少し離れると田園地帯が広がっています。


岳南江尾駅の時刻表です。
親切に東海道本線の乗り継ぎ時刻表がありました。

川柳五七の電車のページ5Rへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ