富士山麓へ富士急行6

15、月江寺(げっこうじ)Gekkoji


勾配をのぼったところにある駅です。
片面1線ですが、市街地で住宅に囲まれ、高校もあるため利用客が多いです。


月江寺駅を出るとやや住宅が切れる区間があります。


そして、富士山駅に近付くと急カーブになります。


河口湖駅方面の線路と合流します。

16、富士山(ふじさん)Fujisan


富士急行の核になる駅で、2面3線の最大規模の駅です。
また、富士急ハイランド駅・月江寺駅よりには車両工場もあります。
富士吉田の市街地の中心にあるため、利用客は大月駅の次に多いです。
富士山駅は駅ビルになっていて、
キュースタ(富士急ターミナルビル)と言う複合商業施設になっています。
平成23年6月末までの駅名は富士吉田駅だったのですが、
富士山観光の玄関駅をアピールするために富士山駅に変更しました。


さて、富士山駅でスイッチバックをして、河口湖駅を目指します。


富士山駅から先も急勾配が続きます。

17、富士急ハイランド(ふじきゅうはいらんど)Fujikyu-Highland


富士急行が経営するレジャーランド、富士急ハイランドの最寄り駅ですが、
富士急ハイランドの片隅に片面1線のホームがひっそりとあるだけです。
なお、この駅のホームに立つと、絶叫が聞こえます。
フジサン特急停車駅ですが殆どの遊園地客は自動車を利用するため、
乗降は少ないようです。
不況で遊園地の閉園が相次ぐ中、富士急ハイランドは絶叫マシーンを売り物に、
比較的来場客がいるようです。
ドドンパの最高速度と富士急行線の最高速度を比較・・・と言うのがバカバカしいのですが、
時速110キロ以上の差があります。
もちろん時速172KMのドドンパの圧勝ですが・・・。
写真左手の建物は富士急行の本社です。


富士急ハイランド駅を出ると中央自動車道をくぐります。


まもなく終点河口湖駅です。

18、河口湖(かわぐちこ)Kawaguchiko


終点河口湖駅は2面3線になっています。
中央のホームは乗降分離可能な両側ホームになっています。
また、側線が何本かあり、富士急行の車両の他、
JR乗り入れ車両など様々な車両が見られます。


写真手前の車両は富士急オリジナルの5000系電車です。
1編成2両のみの存在です。
現在は富士急ハイランドにあるアトラクションにちなんで、
トーマスランドの広告電車になっています。


5000系電車の車内です。
懐かしい感じのセミクロスシート車です。


5000系電車の運転台です。
計器盤の高さが高いです。


富士急乗り入れのJRホリデー快速です。
快速にはJR183、189系電車が使われています。


河口湖駅の駅舎です。各方面にバスが出ています。

川柳五七の電車のページ5Rへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ