富士山麓へ富士急行5

11、三つ峠(みつとうげ)Mitsutoge


西桂の集落にある島式2線の駅です。
三つ峠登山の玄関駅ですが、三ツ峠山まで距離と高低差があり、
この駅から行くとかなりキツイハイキングになります。
ですので、河口湖駅から三ツ峠登山口までバスで行き、そこから三ツ峠山にのぼり、
くだりは三つ峠駅方向に行く方がベストだと言えます。
または、河口湖畔のカチカチ山ロープウェイで天上山に行き、
尾根づたいにだらだら歩いて三ツ峠山に行く方法もあります。


ホームにはこの駅のシンボルの達磨石のモニュメントが・・・。
なんとなく不気味です。


三つ峠駅を出ます。いよいよ急勾配区間です。


有名な撮影地のカーブです。
三つ峠〜寿間は、M字状に線路が敷かれていて、
急カーブと急勾配の中をあえぎながら進みます。


40パーミルの勾配(1KMで40メートルのぼる)です。
今の鉄道規格では、高架にのぼるところ以外には使われない勾配です。


M字区間が終わると寿駅です。

12、寿(ことぶき)Kotobuki


片面1線の駅です。
寿駅は縁起の良い駅名とされていますが、
旧駅名は一歩間違えると”墓地”に見えてしまう「暮地(くれち)駅」でした。


寿駅を出ます。


再び中央自動車道の下をくぐります。


中央自動車道をくぐると富士吉田の市街地に入っていきます。

13、葭池温泉前(よしいけおんせんまえ)YoshiikeOnsen-Mae


市街地と水田が錯綜しているところにある、片面1線の無人駅です。
駅周辺はぜんぜん温泉地らしくありません。
葭之池温泉はこの駅から歩いてすぐの所にあります。


畑の中を行くと、下吉田駅です。

14、下吉田(しもよしだ)Shimo-Yoshida


島式2線の駅です。南側には保線車両用の側線が数本あります。


だんだん市街地になりにぎやかになっていきます。

富士山麓へ富士急行6

川柳五七の電車のページ5Rへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ