通勤非電化路線・関東鉄道7

21、下妻(しもつま)Shimotsuma


下妻の市街地にある、2面3線の快速停車駅です。
ホーム上には自由通路があり、下には構内踏み切りがあります。
市街地に駅があるのと、高校も近いのでそこそこ利用客がいます。
町の中には有名な寺や神社があり、西方には砂沼があります。


しばらく下妻の市街地を行きます。


市街地を抜けると緩やかな下り勾配になります。


勾配をくだり終えると水田地帯になります。


糸繰川を渡るとすぐ大宝です。

22、大宝(だいほう)Daiho


水田の中にぽつんとある駅です。
周辺はだんぼばかりです。
そのため、利用客は少ないです。
駅のすぐ横には有名な大宝八幡神社や大宝城跡があります。


(騰波ノ江駅方向撮影)
※大宝駅は現在相対式2線になっています。


大宝から荒地の中をまっすぐ進みます。
ここからはあまり水田は見られなくなります。


勾配をのぼって行き、畑や果樹園が多くなります。


カーブを曲がると林の中を走ります。


果樹園の中を行くと騰波ノ江です。

23、騰波ノ江(とばのえ)Tobanoe


難読駅名の相対式2線の駅で、ホームはカーブ上にあります。
写真左ではかなり古い木造駅舎が写っていますが、
残念ながらこの駅舎は建て替えのため、取り壊されました。


騰波ノ江から直線区間になります。


雑木林と畑が交互に現れます。長閑です。


線路の上まで木々が覆われています。


視界が開けると黒子です。

通勤非電化路線・関東鉄道8

川柳五七の電車のページ5Mへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ