通勤非電化路線・関東鉄道5

(ここから展望写真は取手方向に変わります。)


さて、水海道を出発します。


カーブしながら国道294号線の横を走ります。


常総水海道の市街地の中を行きます。


少し勾配をのぼり用水路を渡ります。


ところどころ水田が見られると北水海道です。

14、北水海道(きたみつかいどう)Kita-Mitsukaido


片面1線の無人駅です。
常総水海道の市街地の中にあり、結構家が建て込んでいますが、
列車の本数が少ないため、大部分の人は本数の多い水海道駅から乗っているようです。


更に常総水海道の市街地の中を行きます。


道路橋をくぐるとやっと広い田園地帯になります。

15、中妻(なかつま)Nakatsuma


相対式2線の駅です。水海道以北も宅地化が進んでいて、
この中妻駅周辺も新しい住宅が見られます。


新興住宅地を抜けると広い水田地帯になります。
とっても長閑な風景が展開されます。


家も新興住宅から農家の大きい家になります。
所々工場も点在しています。


再び水田地帯を行くと三妻駅です。

16、三妻(みつま)Mitsuma


島式2線の駅です。農協用の倉庫が駅前にあり、
田舎に来た感じを受けます。
すぐ近くには鬼怒川が流れています。


三妻の集落を抜けると水田地帯です。
北水海道から先は集落(駅)〜水田〜集落(駅)〜水田の繰り返しです。


ずっとまっすぐです。遮断機のない踏切が多くなるので、
警笛を鳴らす回数も増えてきます。


直線区間が終わりカーブを曲がると集落に入ります。

通勤非電化路線・関東鉄道6

川柳五七の電車のページ5Mへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ