湖を眺めて鹿島鉄道4


くだり勾配になります。


やがて家が増えてきます。


さらに勾配をくだると玉造町駅です。

12、玉造町(たまつくりまち)Tamatsukurimachi


行方玉造の市街地の北端部にあり、
駅周辺はパラパラとしか家がありません。
島式2線の他、側線が1線あります。
側線には殆ど使われていないようですが、貨物用ホームもあります。
それにしても広告看板のスポンサーがあまりつかないのか、
北側の広告板は空きスペースばかりです。


玉造町駅を出るとのぼり勾配になります。


しかし雑木林を過ぎるとすぐくだり勾配になります。


カーブを曲がり、国道355号線の下をくぐります。


前方に霞ヶ浦が見えてきます。


少し走ると浜駅です。

11、浜(はま)Hama


霞ヶ浦の浜の近くにある駅で、その名もずばり「浜駅」です。
駅の前後で線路をふっていることから、かつては島式2線だったと推測されます。
昔はこの駅から鹿島神宮方面へ定期航路が運行されていました。
浜駅は寂しげでローカルな雰囲気がするので、
鉄道写真撮影の構図によく使われているようです。


線路を右にふると直線になります。


徐々に雑木林が近付いてきます。


のぼり勾配になり、丘陵に入ります。


まもなく八木蒔駅です。

湖を眺めて鹿島鉄道5

川柳五七の電車のページ5Mへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ