昔ながらのローカル線・小湊鐵道4

11、上総久保(かずさくぼ)Kazusa-Kubo


片面1線の寂しい駅です。
小湊鉄道は「上総」が付く駅が多いです。


水田や針葉樹林を突っ切ります。
この先に昔はトンネルがあったのですが、
高滝湖が出来た関係で、深い切通しに開削されました。


高滝湖の上を高架で渡ります。丁度小湊鉄道が渡るところは湖の幅が狭くなっています。
下流には高滝ダムがあります。

12、高滝(たかたき)Takataki


新しく出来た高滝湖の最寄り駅です。
駅は相対式2線になっていますが、駅舎のない方は使われていません。


高滝から勾配がきつくなり、水田風景から山岳風景にだんだんとなっていきます。


緑に挟まれます。横には高滝湖があるのですが、
このように切通しなどであまりよく見えません。

13、里見(さとみ)Satomi


加茂地区の中心にある駅です。
2面3線になっていますが、駅舎側のホームと線路しか使われていません。
上総牛久以南ではつい最近まで唯一の交換可能駅でした。


だんだん森深くなります。


木陰の中を進み気持ちがいいです。

14、飯給(いたぶ)Itabu


森の中にある片面1線の駅で、低いホームがぽつんとあります。
ホームには生垣が植えてあります。


山の中を走ります。そして小湊鉄道初のトンネルに入ります。
ここから先上総中野までいくつかトンネルをくぐります。


笹薮の中を通ります。家は一軒も見当たりません。

15、月崎(つきざき)Tsukizaki


相対式2線ですが、やはりここも駅舎側しか使われていません。
構内がやや広いので、かつては貨物取り扱い設備があったと推測されます。


谷間の中を県道と併走します。


県道の位置が線路よりかなり高くなると、
小湊鉄道はやや長いトンネルに入ります。
このトンネル内は照明付きです。

昔ながらのローカル線・小湊鐵道5

川柳五七の電車のページ5Mへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ