モダンな銚子電気鉄道8


仲ノ町駅を出ると側線と合流します。


左手はヤマサの工場が続きます。


安全側線を分岐し、
もう一つの安全側線(ヤマサ醤油第二工場引込線跡)に合流します。


今は使われていないJRへの連絡線から右に分岐します。
JRと銚子電気鉄道は電圧が違うので、架線は繋がっていません。


同じく、JRの連絡線から左に分岐すると、終点銚子駅です。

01、銚子(ちょうし)Choshi


銚子駅は島式2線になっていますが、
銚子電気鉄道は片面1線のみの使用です。
ホームはそのままJR総武本線のホームに繋がっています。


銚子電気鉄道のホームとJRのホームの間には駅舎がありますが、
この駅舎は待合室のみで、駅員はいません。


なお、昔はこの駅舎に風車がありました。
老朽化による損傷のため撤去したようです。



〜おまけ〜


デハ700形電車です。
かなり痛みが激しく、サビが浮きまくっています。
この電車を見た子ども達が「こんなボロボロの電車動くの?」と親に聞いていました。


デハ700形電車の車内です。
床は木のままになっています。


デハ1000形電車です。元営団銀座線(現・東京メトロ銀座線)の車両です。
銚子電鉄ではエース的電車で、唯一の両開きドアの車両です。


2両編成の運転に慣れていないのかはみ出し停車する電車。

川柳五七の電車のページ5へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ