ロングローカル線・秩父鉄道14

07、持田(もちだ)Mochida


島式2線ののどか〜な駅ですが、周辺は結構住宅が建てこんでいます。
秩父鉄道の新郷駅、武州荒木駅、持田駅、秩父駅の各駅は、
上下線の通行方向が逆で、右側通行になっています。
これはかつてのタブレット授受の名残です。
かつてはもっと多くの駅が右側通行だったのですが、
紛らわしいためか、現在は日本標準の左側通行に変更されています。
残った駅も左側通行にすればいいのですが、なぜか変更されていません。
まあ、ワンマン運転で島式ホームの場合、
右側通行が好都合なのかもしれませんが・・・。


持田駅を出るとカーブになります。


忍川の川沿いを走ります。
周囲は住宅ばかりですが、ささやかな自然も多く残っています。


行田の市街地に入ると行田市駅です。

06、行田市(ぎょうだし)Gyodashi


行田の街の中心にある駅で、急行「秩父路」停車駅です。
昔は「行田」駅だったのですが、国鉄高崎線に同名の駅が出来ることになり、
今の「行田市」駅に駅名が変更されました。
市街地にある割には利用客は少なく、
大部分がバスでJR高崎線行田駅や吹上駅に行っているのだと思われます。
駅は橋上駅舎の島式2線ですが、その両側に側線が1本ずつあります。
駅周辺は、忍城址、さきたま古墳、水城公園など地味ながら観光スポットが結構あります。


行田市駅を出ると忍川を渡ります。


住宅地の中を走ると東行田駅です。

05、東行田(ひがしぎょうだ)Higashi-Gyoda


片面1線の駅ですが、近くに高校があるので、
学生の利用客が多い駅です。
かつては高校が3校あって、利用客がかなり多かったのですが、
高校を統廃合してしまったので、減少が激しくなっています。
ホームは殆ど屋根に覆われています。


東行田駅を出ても住宅地は続きます。


国道125号線バイパスと交差します。
右側には武蔵水路が通っています。
武蔵水路は大量の水量と流量があり、怖い雰囲気です。
水面も土手上部ぎりぎりまであります。


隣の並木が切れると同時に武蔵水路とも分かれます。


水田地帯をさらに進みます。


見沼代用水を渡ります。小型トラスの橋です。
見沼代用水を渡ると武州荒木駅です。


見沼代用水の橋の南側の車窓をよく見ていると、
秩父鉄道で使われていた車両を見ることができます。
三峰口駅方面行きよりも羽生駅行きの電車の方が発見しやすいです。

ロングローカル線・秩父鉄道15

川柳五七の電車のページ5へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ