地元密着、流鉄流山線3


鰭ヶ崎〜平和台間には交換設備があったようです。
架線の幅が複線分あります。


一部は撤去側にへろへろながら架線が残っています。


交換設備跡地が終わります。


流山の市街地に入るとカーブを曲がります。


マンションが増えつつあります。


まもなく、平和台駅です。珍しくここだけ架線柱が鉄柱です。

05、平和台(へいわだい)Heiwadai


片面1線の駅です。
近くには大型量販店やホームセンターなどが建ち並び、
流山の商業圏の中心になっています。
なお、この駅は昭和49年までは赤城台と言う駅名でした。


平和台駅を出ます。


平和台駅から終点流山駅までは0.6KMしかなく、
平和台駅から余裕で流山駅構内が見えます。


線路敷地が広がると、終点流山駅です。

06、流山(ながれやま)Nagareyama


終点流山駅は島式2線ですが、1両分左右ののりばでずれています。
日中は2線中丘側ののりば(写真中央・1番線)にとまります。


流山駅の構内奥には検車区があります。
かなりミニの検車区です。


流山駅の駅舎は、オーソドックスなちょっと懐かしいものです。
駅舎は旧市街地側にあり、反対側の丘陵側には駅出入り口がありません。
丘陵側も住宅が発達しているので、こちら側にも出入り口を設けた方が良さそうです。


流山駅はかつて、
平和台駅側に醤油会社・キッコーマンへの引込み線がありました。
現在は普通の一般道になっています。



〜おまけ〜


総鉄はJR常磐線から電力を引き込んでいます。
馬橋駅のき電線をよく見ると分かります。
常磐線のき電線からわかれたき電線が、
そのまま流鉄のき電線になっています。
写真は、丁度その箇所の写真です。
(分かりやすく、色をつけてみました。)
常磐緩行線のき電線(緑の線)から分かれた線(黄色の線)は、
そのまま流鉄のき電線になっています。
しかし、平成2年、同鉄道所有変電所の西平井変電所ができたため、
現在はすべてをまかなっているわけではありません。

川柳五七の電車のページ5へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ