ロングローカル線・秩父鉄道1

秩父鉄道は羽生〜三峰口間の71.7KMの本線と、
7.6KMの三ヶ尻貨物線からなっています。
本線の全線完乗には2時間もかかります。
しかし、起点から終点まで埼玉県を出ることはありません。
長い路線だけあって車窓は田園地帯、新興住宅地、山岳路線と変化に富んでいます。
また、都心に一番近いSL急行「パレオエクスプレス」の運行や、急行「秩父路」の運転、
西武鉄道の乗り入れ列車と言った旅客列車のほか、
貨物列車も盛んで、様々な運転形態があります。
また、旅客運転ではないのですが、
東武東上線の車両を東武本線に移動させるとき、また逆の場合に、
秩父鉄道を使うことがあります。
秩父鉄道は路線が長いのでさまざまな鉄道ネタがあります。
今回は、そんな秩父鉄道の全駅を紹介します。



(秩父鉄道の特集は、三峰口駅から羽生駅方向に紹介いたします。)

38、三峰口(みつみねぐち)Mitsumineguchi


秩父鉄道の終点で、2面3線になっています。
片面1線はホーム屋根があるのですが、島式2線には屋根がありません。
駅前に家が数件とマンション1棟あるだけで、
利用客の殆どは大滝、三峰、中津川、栃本などの奥秩父へ行くバスに乗り換える客です。


駅舎です。終着駅らしい哀愁のある建物です。
コカコーラの看板が邪魔ですが・・・。


三峰口駅の構内。
側線が沢山あり、電車が留置されています。


急行「秩父路」の6000系電車です。
元西武の新101系電車ですが、
ロングシートをクロスシートにしたり、
3扉中、真ん中の1扉を埋め込んだりと大改造されています。


西武4000系電車です。
休日の種別は「快速急行」なのですが、
「快速急行」と表示してしまうと急行「秩父路」より速いのかと勘違いしてしまうため、
秩父鉄道線内の種別表示は「普通(現・各停)」になっています。
また、東武東上線経由と勘違いされないために、
行き先表示も池袋(西武線経由)と表示されています。
それならば急行「秩父路」を特急「秩父路」にすれば良いのではないかと思うのですが、
特急と冠するには若干抵抗があるのと、
もしかしたら西武特急レッドアロー乗り入れも想定しているのかもしれません。
しかし、「特急レッドアロー秩父鉄道乗り入れ」は、現状では実現される予定はありません。
10000系ニューレッドアロー電車も、
7両固定編成で秩父鉄道乗り入れに対応していません。
特急レッドアローが乗り入れないのは、次の理由が考えられます。
1、秩父鉄道での特急券販売業務が増えて煩雑になるため。
2、秩父鉄道では磁気性特急券が販売できず、西武での業務が煩雑になるため。
3、乗り入れメリットがあまりないため。(乗り入れても西武線での利用客増にならないため)
4、東武鉄道の横槍が入っているため。


三峰口駅の車両公園よりにある転車台です。
SL運転時に使用されます。


三峰口駅構内から先も線路があります。
この線路は、三峰口駅の側線から三峰口駅に電車を出す際、
またはその逆の場合に使われています。
かつてはこの引き上げ線の先に小規模な貨物取扱所がありました。


さて、三峰口駅を出ます。


白久の集落の中を行きます。


結構くねくねカーブを曲がります。


緩い斜面に沿って走ると白久駅です。

ロングローカル線・秩父鉄道2

川柳五七の電車のページ5へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ