新しいシャトル!埼玉新都市交通7

02−A、鉄道博物館<大成>(てつどうはくぶつかん<おおなり>)<上り>
Tetsudo-hakubutsukan<Onari>


JR大宮総合車両センターのはずれの鉄道博物館前に駅があります。
新幹線の線路より1階分低くなっています。
これは、鉄道博物館3階のビューデッキから新幹線車両が見えるようにしたため・・・ではなく、
新幹線の高架橋が高いため、
極力ホームから改札までの階段を少なくしたためです。
すぐ隣にJR高崎線とJR川越線が走っているのですが、
こちらには駅を設けていません。


鉄道博物館駅を出ると勾配をのぼります。


直線になります。


ややカーブを曲がります。


横はJR大宮総合車両センターの敷地になります。


新幹線の用地の広がりにあわせてカーブを曲がっていきます。


そして、カーブが終わります。


勾配をくだります。


急カーブを曲がり、新幹線の高架下に潜ると、大宮駅です。

01、大宮(おおみや)Omiya


大宮駅はループ式になっていて、片面1線のみです。
ループ式にしたのは、運転士席側の扉を開けるようにするためと、
乗務員の折り返しによる前から後への移動をなくすためです。
ホームは丁度JR東北・上越新幹線の高架真下にあります。
このまま上りから下り運用に入りますが、
引き続きの乗車は出来ません。


埼玉新都市交通の大宮駅の改札口です。
JRの乗り場からやや歩いたところにあります。
新交通ではゆりかもめ新橋駅に次いで2番目に利用客が多い駅です。
改札前はファーストフード店になっています。


改札に入ると、右手に埼玉新都市交通で使用している、
ゴムタイヤが展示されています。
同新交通のタイヤは、パンクしてもつぶれないしくみになっています。

新しいシャトル!埼玉新都市交通8

川柳五七の電車のページ4Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ