ひとときのおとぎ話・舞浜リゾートライン1

舞浜リゾートライン・ディズニーリゾートライン線は、
千葉県にある総合レジャー施設の東京ディズニーリゾートを、
反時計回りに周回しています。
営業距離は5.0KMで、同レジャー施設の広さを感じることが出来ます。

舞浜リゾートラインは、オリエンタルランドの系列会社で、
鉄道事業は初試みのように見えますが、
オリエンタルランドの親会社の京成電鉄のノウハウを受け継いでいると思われます。
なお、舞浜リゾートラインは入園しなくても乗ることが出来ます。



01、リゾートゲートウェイ(りぞーとげーとうぇい)Resort-Gateway


舞浜リゾートラインのリゾートゲートウェイ・ステーションです。
リゾートゲートウェイステーションはJR舞浜駅に隣接してあります。
隣はイクスピアリと言う商業施設があります。
雰囲気は遊戯物か何かのように見えますが、正規の鉄道です。


券売機です。外国人旅行者もいるので、英語が表記されていますが、
それ以外は他の首都圏鉄道の券売機とあまり変わりはありません。


リゾートゲートウェイ・ステーションの駅名板です。
南国的な雰囲気です。
日本の鉄道らしい雰囲気を感じさせません。


ホームは2面1線になっていて、乗降を分離しています。
進行方向右側が乗車ホーム、左側が降車ホームです。
なお、全駅ホームドアが設けられています。


発車するとすぐカーブです。
前方に葛西臨海公園の大観覧車が見えます。


再び右にカーブです。


JR舞浜駅前広場と東京ディズニーランドの間を走ります。


目の前に東京ディズニーランドホテルが迫ります。


カーブを曲がると東京ディズニーランドステーションです。



〜おまけ〜


舞浜リゾートラインの車両です。
編成は6両編成で比較的長いです。
車体下部のカラーは編成ごとに異なります。


車内です。
窓はミッキーマウス・吊革もミッキーマウスです。
内装は通勤電車とは少々異なります。


運転台です。編成の最後尾の乗務員室のみにあります。
しかし、普段は自動運転のため使われていません。
この運転台は車庫の出入時に使われます。

ひとときのおとぎ話・舞浜リゾートライン2

川柳五七の電車のページ4Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ