渚の湘南モノレール4

03、湘南町屋(しょうなんまちや)Shonan-Machiya


片面1線になっています。
「町屋」の割にはあまり栄えてなく、寂しい感じです。
しかし、南側には住宅があるので、
そこそこ利用客があります。


丘の横をカーブで曲がります。


両側雑木林の中を走ります。


右左にカーブを曲がります。


下の道路は元有料道路です。
今は一般道なので、あまり有料時代の雰囲気はありません。
途中駅がなければ自動車より湘南モノレールの方が若干速いです。


住宅が密集すると富士見町駅です。

02、富士見町(ふじみちょう)Fujimicho


富士見町駅は相対式2線のホームになっています。


富士見町駅を出ます。
下はJRの工場引込み線跡です。


大船の市街地に入っていきます。


大船の市街地をうねうね走ります。


カーブを繰り返します。


大船駅のバスのりば上を走ると大船駅です。

01、大船(おおふな)Ofuna


大船駅は2面1線で、乗降分離可能な構造になっています。
1番ホームが乗車ホーム。2番ホームが降車ホームになっています。
写真の車両は新型の5000系電車です。
全面がブラックフェイスになり、全面窓が拡大されています。
ワイパーは上から吊り下げられています。


大船駅入り口です。この駅は改装されています。
JRとは若干離れていて、途中にデパートが挟まっています。

川柳五七の電車のページ4へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ