人気ナンバーワン新交通・ゆりかもめ6

U02、汐留(しおどめ)Shiodome


汐留のビル街の中にある島式2線の駅です。
都営大江戸線に乗り換え可能です。
ここは昔汐留貨物駅だったところであり、鉄道発祥の地でもあります。
今ではその面影は微塵もありません。


汐留駅を出るとカーブを曲がり、すぐ終点新橋駅になります。

U01、新橋(しんばし)Shimbashi


島式2線の駅です。新橋駅だけ駅のデザインが異なります。
ゆりかもめの新橋駅は、新交通の駅ながら乗降人員が約8万人もあります。
準大手民鉄ターミナル並です。
なお、ゆりかもめは引き続きの乗車はできないので、
折り返し客もいったん降りなければなりません。


新橋駅のホームです。ゆりかもめの駅はすべてホームドアがあり、
車両を直接撮影するのが難しいです。


ゆりかもめの新橋駅です。
JR新橋駅から駅前広場を挟んであります。
ビルに囲まれた狭い一角にあります。


有明駅に進入するゆりかもめ車両です。
車両は7000系電車と7200系電車の2系列がありますが、外観は同一です。
違いはサイリスタ位相制御(7000系電車)かVVVF(7200系電車)かです。


ゆりかもめの運転席です。
しかし、乗務員訓練時や非常時以外は無人運転なので、
先頭席(運転席)に座れることが出来、眺めがいいです。


ゆりかもめの車内。初期車はクロスシートで後期車はロングシートです。


平成17年に登場した6次車です。
前面デザインが他次車と異なり、紺色の割合が少なくなっています。

川柳五七の電車のページ4へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ