渚の湘南モノレール2

06、片瀬山(かたせやま)Kataseyama


山の中腹にある駅で、片面1線です。
北側が住宅地になっています。


片瀬山駅からは急なくだり勾配になります。
勾配は74パーミルで、
箱根登山鉄道とさほど変わりません。


勾配をどんどんくだって行きます。


下の道路に合わせてくねくねカーブを曲がります。


起伏の激しい地形を進みます。


カーブを曲がると西鎌倉駅です。

05、西鎌倉(にしかまくら)Nishi-Kamakura


島式2線の交換可能駅になっています。
交換可能駅は、富士見町駅・湘南深沢駅・西鎌倉駅・目白山下駅になっています。
昼間はすべての交換駅で交換します。


細かいアップダウンがあります。


カーブが多い路線です。


勾配をくだりながら道路と分かれます。


再び線路と地面が近付きます。


やや距離のある鎌倉山トンネルに入ります。
懸垂式モノレールのトンネルは、
この湘南モノレールでしか体験できません。
なんだかぐらぐらした感じで入り、
下にはレールがないので、不安定な感じを受けます。

渚の湘南モノレール3

川柳五七の電車のページ4へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ