路面がない路面電車・東急世田谷線5


くだり勾配はすぐ終わります。


カーブを曲がります。


家が密集しています。


カーブを曲がりきると松原駅です。

SG09、松原(まつばら)Matsubara


相対式2線の駅です。
普通の住宅地です。


真っ直ぐ進みます。


前方にはマンションが見えます。


坦々と走ります。


まもなく急カーブになります。


すごい急カーブです。
フランジ接触音を軽減するためにレールに特殊塗料を塗っています。


単線になると、終点、下高井戸駅です。

SG10、下高井戸(しもたかいど)Shimo-Takaido


2面1線で、乗降分離しています。
写真左側が乗車ホーム、写真右側が降車ホームです。


京王線のホームすぐ横に世田谷線のホームがあるのですが、
京王線は橋上駅舎になっているため、
乗り換えは一旦階段をのぼっておりないとできません。
ただ、京王線に乗り換えない場合は、そのまま外に出られます。
開通時は世田谷線も京王線も同じような軌道線でしたが、
今は線路の幅が同じことくらいしか面影がありません。

川柳五七の電車のページ3へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ