多カーブ通勤路線・新京成電鉄5

15、北初富(きたはつとみ)Kita-Hatsutomi


相対式2線の駅です。北総開発鉄道が高砂駅まで延長する前、
この駅は千葉ニュータウン方面の乗換駅として機能していましたが、
現在は普通の中間駅になっています。
なお、すぐ隣は北総鉄道の高架橋ですが、北総鉄道の方には駅はありません。


北初富駅を出るとすぐ右カーブになり、
北総鉄道の高架橋をくぐります。


そして、直線になり、新京成電鉄の検修場の横を通ります。
結構この車庫は広いです。


検修場が終わり右カーブになると、くぬぎ山駅です。

16、くぬぎ山(くぬぎやま)Kunugiyama


島式2線の駅です。新京成電鉄本社の最寄り駅で、
運輸上の拠点になっている駅です。
駅前後にポイントがあり、
京成津田沼駅方面松戸駅方面どちらも折り返し運用ができるようになっています。
この駅のすぐ近くに自衛隊の駐屯地があります。


くぬぎ山駅を出るとシーサスがあります。


駐屯地と財務局宿舎に挟まれたところを通ります。


県道千葉鎌ヶ谷松戸線を渡り、カーブを曲がると元山駅です。

17、元山(もとやま)Motoyama


相対式2線の駅です。付近は住宅地です。


マンションを見ながら左カーブです。


そして、またまた県道千葉鎌ヶ谷松戸線を渡ります。
同県道を車で運転すると、元山駅前後で踏み切りを2回通ることになります。


中学校の横をカーブで曲がると五香駅です。

多カーブ通勤路線・新京成電鉄6

川柳五七の電車のページ2Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ