多カーブ通勤路線・新京成電鉄4

11、二和向台(ふたわむこうだい)Futawa-Mukodai


相対式2線の駅です。周辺には細かい住宅団地があちこちにあります。


二和向台駅から次の鎌ヶ谷大仏駅が見えます。
ここも駅間距離が短いです。


シーサスを通ると鎌ヶ谷大仏駅です。
シーサスがあるのは、
かつてこの駅折り返しの列車があったためです。
北総開発鉄道の乗り入れが行われていた頃、
半数はこの駅折り返しになっていました。
そのため、鎌ヶ谷大仏〜北初富間の本数は少なく不便でした。

12、鎌ヶ谷大仏(かまがやだいぶつ)Kamagaya-Daibutsu


島式2線の駅です。鎌ヶ谷大仏は駅からすぐです。
鎌ヶ谷の繁華街に位置しているため、駅前には商店街が広がっています。


緑と新興住宅が交互に現れます。


新京成電鉄では珍しく直線になり、電車は快走します。


更に直線が続きます。


大型量販店の裏手の所で直線は終わり、右カーブになります。

13、初富(はつとみ)Hatsutomi


島式2線の駅です。鎌ヶ谷の中心部にあります。
この駅の至近距離に東武野田線が通っていて、
同線の高架橋が見えます。



(ここからは高架化工事のため、写真と現状が大きく異なることがございます。
あらかじめご了承ください。)


初富駅を出ると高架化工事区間になる。


左急カーブになる。


北総鉄道の高架橋を見ながら進行方向は90度以上変わる。

14、新鎌ヶ谷(しんかまがや)Shin-Kamagaya


今まで鎌ヶ谷地区の鉄道各線(新京成・北総・東武野田線)は、
転々バラバラに駅があって相互の乗換えが不便だったが、
北総開発鉄道高砂延長時に、新京成電鉄との乗換えを便利にするために、この駅は造られた。
その後、東武野田線とも乗換えが出来るようになり、
かなり便利になった。
現在は高架化工事中で、北総鉄道の高架と同じ高さになる予定。
駅南側には大型量販店がある。


北総鉄道の高架橋と併走する。
かつてはこの付近で北総開発鉄道からの連絡線が合流していた。



多カーブ通勤路線・新京成電鉄5

川柳五七の電車のページ2Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ