日本速度・成田高速鉄道アクセス1


印旛日本医大駅を出ます。
印旛日本医大駅どまり列車用の引き上げ線が上下線の間に2本あります。
ここから成田高速鉄道アクセスの路線になります。


省力化重軌道になります。


上下線が合流し、直線になります。
架線はフィーダメッセンジャーですが、
高速運転を考慮し、コンパウンドカテナリーになっています。


緩いくだり坂の後、再びのぼり坂になります。


国道464号線の下を交差します。


くだり勾配になり、丘陵をくだっていきます。


くだり勾配のまま左カーブになります。


ここら辺は未開発地で自然も多く残っています。
北には印旛吉高のオオザクラがあります。


緩いカーブが続きます。


カーブが終わるとすぐ印旛捷水(しょうすい)の橋梁になります。


橋梁はトラスになっています。
写真には写っていませんが左手には印旛沼が見えます。


橋梁を過ぎると長い直線区間になります。
スカイライナーは時速160q、アクセス特急は時速120qで走ります。


一面水田が広がっています。

日本速度・成田高速鉄道アクセス2

川柳五七の電車のページ2Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ