超高速新線・首都圏新都市鉄道11


再びカーブを曲がります。


雑木林から離れます。


長いカーブです。


マンションが見えると研究学園駅です。

19、研究学園(けんきゅうがくえん)Kenkyu-Gakuen


日本自動車研究所の試験場跡地にできた駅で、相対式2線です。
駅周辺は高層マンションが建ちつつあります。
西に研究団地、南に工業地帯があります。
また、北には土木研究所や国土地理院があります。


やがてつくば桜の市街地が見えてきます。


カーブを曲がります。


勾配をくだり、地下に入ると終点つくば駅です。

20、つくば(つくば)Tsukuba


島式2線の駅になっている、つくばエクスプレスの終点です。
つくば桜の中心地にあります。


つくば駅の車止めです。
この先土浦か筑波山方面に延長すると便利なのですが・・・。



つくば駅駅入り口です。
周辺は大型商業施設群とマンションになっていて、
駅出口はバスターミナルになっています。
すぐ北は公園、更に先には筑波大学、
南には宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センターがあります。



〜おまけ〜


直流専用、TX-1000系電車です。


こちらは交直両用TX-2000系電車です。
つくばエクスプレスはこの車両が主力で、
快速から各駅停車までオールマイティに使われています。
6両編成で、前面はいかつい表情になっています。
つくばエクスプレスの各駅のホーム有効長は6両分しかないので、
当面、編成を長くする予定はなさそうです。
なお、TX-1000系電車とTX-2000系電車の見分け方は、
車両番号札の色(TX-1000系電車=紺色/TX-2000系電車=赤)で出来ますが、
そのほかにパンタグラフ周辺の碍子が大げさなのがTX-2000系電車、
シンプルなのがTX-1000系電車と言う区別の仕方も出来ます。

川柳五七の電車のページ2へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ