超高速新線・首都圏新都市鉄道6

11、流山セントラルパーク(ながれやませんとらるぱーく)Nagareyama-CentralPark


相対式2線の駅です。
駅名は「流山セントラルパーク」ですが、
近くにある公園はセントラルパークでなく、流山総合運動公園です。
駅西側は流山の市街地になっていて、東側は運動公園になっています。
流山の市街地住民は、今まで総武流山電鉄(現・流鉄)を使っていたのですが、
この駅が出来たことで、徐々にシフトしています。


流山セントラルパーク駅を出ると保線用側線と合流します。


緑が広がるようになります。
東京に近くてもまだ自然が沢山残っています。


カーブを曲がりながら勾配をのぼります。


森を抜けます。


直線になると流山おおたかの森駅に到着します。

12、流山おおたかの森(ながれやまおおたかのもり)Nagareyama-Otakanomori


2面4線になっている駅で、全種別停車します。
日中はこの駅で緩急接続がよく行われます。
意外とつくばエクスプレスは緩急接続ができる駅が少なく、
八潮駅、この駅、守谷駅(退避待ちはできない)しかありません。
東武野田線の乗り換えは、2階のコンコースを挟んで比較的簡単に出来ます。
駅周辺は確かにオオタカの棲んでいそうな森が点在していますが、
開発が急ピッチで進んでいて、この自然もいつかは消滅しそうです。


流山おおたかの森駅を出ます。


勾配をくだります。


ここら辺も緑が多いです。


そして、線路はまっすぐなり、時速130KMを出します。
まるで新幹線の線路のようです。
この付近は中小の工場が点在しています。


少しのぼり勾配になります。


カーブを曲がります。


高層マンションの横を通ると柏の葉キャンパス駅です。

超高速新線・首都圏新都市鉄道7

川柳五七の電車のページ2へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ