超高速新線・首都圏新都市鉄道3

05、北千住(きたせんじゅ)Kita-Senju


島式2線の高架駅で、
乗り換え客が多いためホームは広くとってあります。
実質上、この駅がつくばエクスプレスのターミナルと言えます。
全種別が停車し、結構利用客が多いです。


北千住駅を出るとシーサスと変電所があります。


JR常磐線とともにカーブを曲がります。
東武伊勢崎線は少し離れています。


JR常磐線と併走すると、荒川を渡ります。


勾配をくだりながらカーブを曲がります。


荒川を渡ると再び地下区間になります。
トンネル入り口真上が東武伊勢崎線の高架橋です。

06、青井(あおい)Aoi


相対式2線の駅です。
南千住駅に比べると、上下線の間の柱の幅が大きく、
反対側のホームが見えにくいです。


青井駅前後は住宅地や狭い道の真下を通るので、
シールドトンネルになっています。
なお、この区間は高速で電車が走るため、架線は剛体架線でなく、
直流インテグレート架線になっています。

07、六町(ろくちょう)Rokucho


島式2線の駅です。
地上は普通の郊外住宅地になっています。


快速や区間快速などの通過列車は、
時速100KM以上で通過するため、
かなりの風圧にさらされます。
特に下り列車は時速125KM近くで通過するため、
突風が吹き荒れます。
この駅を高速で通過出来るのは、ホームゲートのおかげです。


六町駅を出ます。しばらくはシールドトンネルです。


埼玉県に入り、しばらく走ると地上に出ます。


付近は送電線が多いです。
架線はインテグレート架線で鋼管架線柱です。
線路は60Kgのロングレールで、省力化軌道になっています。


のぼり勾配のままカーブを曲がります。


まもなく八潮駅です。

超高速新線・首都圏新都市鉄道4

川柳五七の電車のページ2へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ