臨海地下鉄・東京臨海高速鉄道3

06、国際展示場(こくさいてんじじょう)Kokusai-Tenjijo


島式2線の駅です。国際展示場までは若干歩きます。
その他、有明コロシアムや有明テニスの森公園に近いです。
ゆりかもめとの乗換駅ですが、
ゆりかもめの方の駅名は「有明」駅になっています。


国際展示場駅は普段、閑散としていますが、
催し物などがあるときは混雑します。


国際展示場駅の駅舎です。多客時を考慮して駅前広場を広くとっています。
ゆりかもめの有明駅はすぐ横にあります。


国際展示場駅を出発します。
しばらく走ると地上区間になります。


地上にあがり、一気に高架にのぼります。


カーブを曲がると東雲駅です。

07、東雲(しののめ)Shinonome


古文が好きな方以外は初見で読めない駅名です。
りんかい線では珍しく相対式2線になっています。
ホーム屋根が短く、殆どが雨ざらしになります。
南側は工場や倉庫などが多いですが、
北側は超高層マンションが林立していて、
近未来都市のようになっています。


高架区間を快走します。付近は工場や倉庫が多いです。
左は首都高速湾岸線です。


少し勾配をのぼります。


カーブを曲がります。


やがて地下から出てきた東京メトロ有楽町線と併走します。


JR京葉線が左から迫り、
2層高架になると、終点新木場駅です。

08、新木場(しんきば)Shin-Kiba


JR京葉線の下にある島式2線の駅です。
すぐ横は東京メトロ有楽町線の新木場駅ホームになっています。
新木場駅前は夢の島公園くらいしかなく、駅自体の利用客は少ないですが、
各線の乗り換え客は多いです。
なお、南側は貯木場になっています。


ホーム中程はコンコース階が間に入るので、天井が低くなっています。


この先のぼり勾配となり、JR京葉線と合流します。

川柳五七の電車のページ2へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ