ハイカラ通り・みなとみらい線3

MM02、新高島(しんたかしま)Shin-Takashima


従来の東横線高島町駅にかわってできた駅です。
しかし、旧高島町駅とは場所がかなり異なり、
みなとみらい地区の入り口にあります。
この駅の特徴と言えば何と言ってもこの高天井です。
高天井はこの駅の中央部にあります。
各駅停車しかとまらない駅なのに、
こんな大胆でお金をかけた設計にしているのが不思議です。
高天井でも驚くのですが、この駅は何と相対式2線になっています。
これは最初の計画段階でこの駅を設ける予定がなかったからです。


ホームとコンコースを結ぶエスカレーターです。
かなりの長さがあります。
なお、みなとみらい線のエスカレーターは、人が乗っていないときは低速運転、
人が乗っているときは高速運転になるようにしています。


ホームの両端の天井は低くなっていますが、
上下線の間の柱がないのですっきりしています。


新高島駅の券売機です。
各民鉄標準の斜め型券売機ですが、
色が白になっているのが珍しいです。
なお、東急東横線だけでなく、相鉄線、京急線乗り継ぎ切符も買えます。


新高島駅を出ます。幅広い複線断面のトンネルです。

MM01、横浜(よこはま)Yokohama


横浜高速鉄道みなとみらい線の横浜駅は東急東横線横浜駅と同じです。
みなとみらい線が出来る前の東横線横浜駅は高架線上にあったのですが、
みなとみらい線直通に合わせて、従来の高架ホームを廃止して、
地下に新しいホームを造りました。
なお、JRや京急、相鉄、地下鉄各線の乗り換えは結構不便です。


横浜駅のホームです。高架時代は相対式2線だったのですが、
現在の地下ホームは島式2線になっています。
この駅の所有は東急になっている関係で、
駅サイン関係は東急標準のものになっています。
利用客は結構多く、ホームには人が沢山います。
ただ、大部分は東急東横線の利用客で、
みなとみらい線の方はあまり多くありません。


横浜駅のホーム壁は涼しげな色を使っています。


(新高島駅方向撮影)
ホーム中央部には結構広い待合室があります。
椅子もかけ心地がよく、この待合室を利用する人が多いです。


横浜駅の駅名板です。
東急の駅なので、駅名板は東急の新標準のものになっています。
しかし、色線は赤ではなく青になっています。
なお、これはみなとみらい線方面に行く1番線の駅名板で、
東急東横線渋谷方面に行く2番線の駅名板は赤線になっています。


横浜駅から先は東急東横線になり、
架線は剛体架線になります。

川柳五七の電車のページ2へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ