臨海地下鉄・東京臨海高速鉄道1

東京臨海高速鉄道は、
大崎駅から新木場駅までの12.2KMを結んでいる路線で、
一部JR埼京線と直通運転しています。
池袋駅や新宿駅、渋谷駅からお台場・舞浜方面に行くのには大変便利な路線です。
臨海と言いながら殆ど地下の路線で、車窓は楽しめませんが、
新木場駅付近は高架区間になっています。



(地下駅の撮影はすべてノンフラッシュ撮影です。)

01、大崎(おおさき)Osaki


大崎駅のりんかい線ホームは、湘南新宿ラインと兼用ホームになっています。
2面4線ですが、りんかい線は内側の2線を主に使っています。
JR埼京線に直通する電車もありますが、大部分は大崎駅の折り返し運転です。


(恵比寿駅方向撮影)
りんかい線の70−000系電車です。
JR東日本の209系電車とほぼ同じ設計ですが、
前面はこちらの方がごついです。
開通時は6両編成もありましたが、現在はすべて10両編成になっています。
10両組み替え時にあまった車両は、JR八高・川越線に移動しています。
この車両はJR埼京線走行も可能なので、
新木場駅から川越駅まで運転されています。


大崎駅の駅名板です。次駅案内が3つに分かれていて、
大井町(りんかい線)・横浜・西大井とそれぞれなっています。
大井町(りんかい線)はJRではないので、線が細くなっています。


さて、大崎駅を出発します。


複雑な分岐器を通ります。


JR東海道新幹線やJR横須賀線の下を走ります。
その後、湘南新宿ラインとの渡り線が分岐していきます。


くだり勾配になります。


やがて地下に入ります。

02、大井町(おおいまち)Oimachi


大井町駅は上下2層式のホームになっています。
上が大崎駅方面ののりばで、下が新木場駅方面ののりばになっています。
駅はシールドトンネル内にあるので円弧状になっています。
大井町駅は地下深くにホームがあるため、
JRや東急の乗り換えはかなりの時間がかかり、便利ではありません。
なお、大崎〜大井町間はJRの普通乗車券では利用できないので注意が必要です。
ただし、スイカなら利用可能です。


ホームに至る通路はかなり広く取っています。


(大崎駅方向撮影)
こちらは大崎駅方面のホームです。基本的なデザインは同じですが、
壁の帯色が青でなく橙になっています。


大井町駅を出発します。単線シールドトンネルが続きます。


(大崎駅方向撮影)
品川シーサイド駅手前で急カーブを曲がり、
進行方向が東から北に変わります。

臨海地下鉄・東京臨海高速鉄道2

川柳五七の電車のページ2へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ