都心を通る・東京メトロ副都心線4

F14、北参道(きたさんどう)Kita-Sando


島式2線の駅です。
利用客が少ないと予測したのか、ホームは狭いです。
新宿三丁目駅よりで都営大江戸線と交差していますが、
都営大江戸線には駅がありません。
明治神宮の北参道に近く、
代々木駅や千駄ヶ谷駅にも歩いて行けます。


ホーム中程もあまり広くありません。


北参道駅を出ます。

F15、明治神宮前<原宿>(めいじじんぐうまえ<はらじゅく>)
MeijiJingu-mae<Harajuku>


島式2線の駅です。
千代田線の他、JR原宿駅にも乗り換え出来ますが、
JR原宿駅は千代田線ホーム分の乗り換え距離があります。
明治天皇が祀られている明治神宮の近くにあるので、
参拝客が多いですが、
若者の街原宿でもあるので、若者の利用も多いです。


明治神宮前ホーム中央部は吹き抜けになっています。


明治神宮前駅を出ると次は終点渋谷駅です。

F16、渋谷(しぶや)Shibuya


2面4線の駅で、
ホームは途中でカーブしています。
渋谷駅東口駅前広場の下に駅を造ったので、
地下鉄の駅としてはかなり広くなっています。
北行、南行とも中の2線が本線で、
外側の2線が副本線になっています。
ただ、明治神宮前駅よりに引き上げ線がない関係で、
東急東横線方面からの渋谷駅折り返し列車は、
中2線に停車します。
また、この駅で各駅停車が優等列車の退避接続を行う場合、
やはり、各駅停車は中2線の方に停車します。
そのため、副本線に優等列車が停車する場合が多くあり、
かなりランダムになっています。
副都心線の渋谷駅は、半蔵門線にダイレクトで乗り換え出来ますが、
銀座線の乗り換えは時間がかかります。
そのため、多少面倒ですが、半蔵門線に乗り換え、
表参道駅で銀座線に乗り換えた方が早いです。
今まで東武東上線も西武池袋線も渋谷駅に行くのには、
JRに乗り換えなければならず不便だったのですが、
副都心線の開通でダイレクトに行けるようになりました。
なので、両線にとっては第2のターミナルになっています。
東急東横線にとっては、メインターミナルなので、
双方の利用客で混雑する駅です。


東急電鉄管理駅なので、駅サイン関係は東急のデザインになっています。


ホーム中央部は2ヶ所吹き抜けがあります。
この吹き抜けは明治神宮前駅よりの吹き抜けです。
剛体架線支持用の鉄骨がレール方向に通っています。


代官山駅よりの吹き抜けです。
やはり架線支持用の突起があります。


副都心線の渋谷駅は「地宙船」とか言うのを埋め込めたデザインになっているのですが、
複数階に渡っているため、全体像はよく分かりません。


代官山駅よりにはもう1線敷けるスペースがあるのですが、
単なる換気&植樹スペースらしいです。


この先、東急東横線になります。

川柳五七の電車のページ1Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ