皇居を囲んで・東京メトロ半蔵門線2

Z06、九段下(くだんした)Kudan-Shita


半蔵門線では珍しく相対式2線の駅です。
千代田区役所の前に駅があり、
北の丸公園や靖国神社にも近いです。
隣に都営新宿線が走っているので、
乗り換えは比較的便利です。
東西線の乗り換えも階段をあがるだけです。


ホーム中程はA線とB線の間に柱があります。


次の神保町駅までは0.4KMしかなく、
九段下駅から神保町駅が見えます。
なお、都営新宿線の神保町駅は東にずれているので、
駅間距離が0.6KMになっています。

Z07、神保町(じんぼうちょう)Jimbocho


島式2線の駅です。
都営三田線と都営新宿線に乗り換え出来ます。
この駅は都営が主役で東京メトロは肩身が狭い感じがします。
付近は出版社が多く、本屋も沢山あります。


次の大手町駅まではくねくね走るため、
スピードが出ません。

Z08、大手町(おおてまち)Otemachi


島式2線の駅です。
5つの地下鉄線があつまるジャンクション駅で、
周囲は大手企業のビルが林立しています。
大手町駅で唯一離れ小島のようにあった丸ノ内線の大手町駅は、
半蔵門線が開通したことによって、結ばれました。
両側に千代田線と丸ノ内線のホームがあり、
2線の乗り換えは便利ですが、
都営三田線と東西線の乗り換えは少し歩きます。


大手町駅を出ます。

Z09、三越前(みつこしまえ)Mitsukoshi-mae


島式2線の駅で、永田町駅同様ルーフシールド工法で造られています。
三越前駅となっていますが、銀座線の三越前駅は離れています。
三越の裏手の日本銀行本店の近くに駅があります。
なお、この駅まで暫定開業したとき、
東急はライバルデパートの放送をして、
東急百貨店の客が三越に流れないよう、
「三越前行き」は「半蔵門方面行き」と放送していたと言うエピソードがあります。


この駅もシールド工法の駅らしいホーム壁になっています。


三越前駅を出ると、
途中日比谷線の人形町駅の近くを通るのですが、
水天宮前駅に近いのと、民有地の下なので、接続駅はありません。

Z10、水天宮前(すいてんぐうまえ)Suitengu-mae


島式2線の駅です。
水天宮の前に駅がありますが、
東京シティエアターミナル(空港行きリムジンバスのりば)
の最寄り駅と言うイメージが強いです。
駅名も当初箱崎エアターミナル駅にしようと言う案もありましたが、
地元の意向で、水天宮前駅になりました。


水天宮前駅のホーム中程です。
東京シティエアターミナルは清澄白河駅よりの階段を使います。


次の清澄白河駅までは、
隅田川大橋の下を通る関係で、
南に大きく迂回しています。

皇居を囲んで・東京メトロ半蔵門線3

川柳五七の電車のページ1Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ