東京散策・東京メトロ千代田線3

C08、霞ヶ関(かすみがせき)Kasumigaseki


官庁街に位置する駅で、島式2線の駅です。
特急ロマンスカー停車駅になっています(新木場行き特急は運転停車のみ)。
丸ノ内線に乗り換え出来ますが、
日比谷線を挟んで道一本分離れています。
官庁街の他、日比谷公園、虎ノ門駅にも近いです。


霞ヶ関駅を出るとシーサスがあります。
ロマンスカーの方向転換に使います。

C09、日比谷(ひびや)Hibiya


島式2線の駅で、日比谷線の他、都営三田線、
少し離れていますが、有楽町線有楽町駅に乗り換え出来ます。
なお、日比谷駅を出ると都営三田線と完全併走区間になります。
南から千代田線日比谷駅、都営三田線日比谷駅、千代田線二重橋前駅、
都営三田線大手町駅、千代田線大手町駅と配列されています。
日比谷と言えば日比谷公園か劇場くらいしかなく、
駅勢圏も狭いのですが、少し歩けば銀座に行けるので、
千代田線利用客が銀座に行く場合は、この駅で降りることが多いようです。


日比谷駅を出ます。

C10、二重橋前(にじゅうばしまえ)Nijubashi-mae


島式2線の駅です。
すぐ隣に都営三田線が走っていて、走行音が聞こえるのですが、
壁に仕切られていて車両は見られません。
また、都営三田線には駅はありません。
西側は皇居の入口の二重橋があり、
皇居参賀の人はこの駅で降ります。
東側は東京駅の駅前広場で、
丸ビルなど大型ビルが建っているので、
平日はビジネスマン、休日は観光客の利用が多くなっています。


北にまっすぐ行きます。

C11、大手町(おおてまち)Otemachi


島式2線の駅で、特急ロマンスカー停車駅です。
駅名通り大手企業の集中する所で、
ビジネスマンの利用が多くなっています。
丸ノ内線、東西線、半蔵門線、都営三田線に乗り換え出来ますが、
丸ノ内線の乗り換えは少し不便です。

C12、新御茶ノ水(しんおちゃのみず)Shin-Ochanomizu


島式2線の駅です。
駅は二つのシールドトンネルをかんざし桁で結ぶ形になっています。
元々は国鉄御茶ノ水駅の他、
丸ノ内線御茶ノ水駅に連絡していたのですが、
都営新宿線小川町駅が出来、丸ノ内線の淡路町駅と地下道で結ばれたので、
丸ノ内線の御茶ノ水駅連絡は解除し、淡路町駅連絡になっています。
(そうしないと、御茶ノ水駅=淡路町駅になってしまうため)


線路側を見るとシールドの様子が良く分かります。


シールドの壁には24の節期をあらわした壁画があります。

東京散策・東京メトロ千代田線4

川柳五七の電車のページ1Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ