東京散策・東京メトロ千代田線2

C04、表参道(おもてさんどう)Omote-Sando


島式2線の駅で、特急ロマンスカー停車駅です。
駅の内装は銀座線・半蔵門線ホームと統一しています。
千代田線が開通する前は神宮前駅だったのですが、
千代田線に明治神宮前駅が出来たので、
表参道駅に駅名を変更しました。
千代田線開通当初、銀座線との乗り換えは改札外乗換えだったのですが、
銀座線・半蔵門線統合駅が完成して銀座線ホームが移転してからは、
乗り換え距離が近くなり便利になりました。

C05、乃木坂(のぎざか)Nogizaka


島式2線で、ホームは緩やかにカーブしています。
この駅付近で都営大江戸線と交差しているのですが、
都営大江戸線には駅がありません。
千代田線と都営大江戸線は湯島駅付近でも交差しているのですが、
やはりここにも都営大江戸線の駅はありません。
駅の北東には乃木神社があります。
また、西側には青山霊園があります。


乃木坂駅は国立新美術館の最寄り駅です。
また、最近東京ミッドタウンが完成したので、
この駅の利用客が増えつつあります。


乃木坂駅前後はくねくねカーブが多いです。

C06、赤坂(あかさか)Akasaka


島式2線の駅です。


赤坂駅はTBS(東京放送)という関東のテレビ局の前にあります。
そのため、TBS前と言う副名称があります。


赤坂駅を出ます。
地図上では赤坂〜国会議事堂前駅間は丸ノ内線と交差していないのですが、
実際は2回交差していると言う有名な話があります。

C07、国会議事堂前(こっかいぎじどうまえ)KokkaiGijido-mae


国会議事堂前駅は並列型単線シールドの駅になっています。
そのため、両端にある階段部分以外は、
A線とB線ホームは離れてホームがあります。
国の最重要機関の国会議事堂の前にある駅ですが、
丸ノ内線のように国会議事堂の敷地内ではなく、
道路下に駅があります。


綾瀬駅方面ホームです。
いかにもシールドトンネル内の駅といった感じです。


途中何箇所かA線ホームとB線ホームを繋ぐ通路があります。


代々木上原駅方面ホームです。
こちらもシールドトンネル内らしい駅です。


このデジタル時計は停車時間を測るものです。
車掌はこの時計を見て発車タイミングを計っています。


この駅を出ると有楽町線からの連絡線が合流します。
この連絡線は有楽町線や南北線〜千代田線綾瀬工場間の回送列車に使われます。
一時期、有楽町線直通ロマンスカーの通過に使われていました。
このロマンスカーは、方向転換の形態をとっていました。

東京散策・東京メトロ千代田線3

川柳五七の電車のページ1Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ