ゆめもぐら・都営大江戸線6

E15、門前仲町(もんぜんなかちょう)Monzen-Nakacho


島式2線の駅です。
富岡八幡宮などの最寄り駅です。
東京メトロ東西線との乗換駅です。


門前仲町駅の壁は江戸文字で、
「門」「前」「仲」「町」と書かれています。


門前仲町駅を出ると木場車庫からの連絡線が合流します。

E14、清澄白河(きよすみしらかわ)Kiyosumi-Shirakawa


2面3線の駅です。
木場車庫があるため、この駅始発終着の電車があります。
清澄庭園や清澄公園が近くにあります。
また、ここら辺一体は時代劇の舞台になることが多いです。


清澄白河駅の壁は「20世紀文明の化石」と言う、
廃材品で作ったアートになっています。
たまに来るのにはおもしろいアートなのですが、
いつも利用している方は落ち着かないのでは?


清澄白河駅を出ます。

E13、森下(もりした)Morishita


島式2線の駅です。
都営新宿線と乗り換えが出来ます。
都営新宿線の急行は森下駅を通過していたのですが、
大江戸線開通時に急行停車駅になっています。


森下駅にある意味不明のパイプ。

E12、両国(りょうごく)Ryogoku


島式2線の駅です。
江戸東京博物館の前にあるので、
副名称が「江戸東京博物館前」になっています。
JR両国駅は地上乗換えでかつ、
300メートルほど離れていて、
乗り換えは便利ではありません。
両国国技館も少し歩きます。


両国駅の壁は障子や格子を模しています。


両国〜蔵前間で厩橋の下を通るのですが、
そこだけA線B線が大きく離れています。

ゆめもぐら・都営大江戸線7

川柳五七の電車のページ1Mへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ