急いで行こう・都営新宿線2

S04、市ヶ谷(いちがや)Ichigaya


相対式2線の駅です。
JRや東京メトロ有楽町線、南北線に乗り換えできるため、
急行停車駅になっています。
JRと有楽町線の乗り換えは比較的便利ですが、
南北線との乗り換えは若干歩きます。
市ヶ谷駅は防衛省や靖国神社の最寄り駅です。
また、少し歩きますが、法政大学の最寄り駅となっているため、
副名称に「法政大学前」と入っています。


市ヶ谷駅を出ます。少しだけ開削工法ですが、
すぐにシールド工法になります。

S05、九段下(くだんした)Kudan-Shita


相対式2線の駅です。東京メトロ東西線と半蔵門線に乗り換えが出来ます。
ホームの市ヶ谷駅よりは西行東行ホームの間に柱がありません。


ホーム中間部です。
西行東行ホームの間に柱があります。
副名称に二松学舎大学前の表示があります。
九段下駅は日本武道館や北の丸公園、
東京国立近代美術館の最寄り駅です。


九段下駅から神保町駅までの間は、
併走する東京メトロ半蔵門線とともに建設されました。
ただ、半蔵門線は半蔵門〜九段下駅の間の土地利用権でもめたため、
開通はかなり後になります。
九段下〜神保町間は、新宿線が0.6KM、
半蔵門線が0.4KMと食い違いがあります。
これは神保町駅のホームの位置がずれているからです。

S06、神保町(じんぼうちょう)Jimbocho


相対式2線の駅です。
神保町駅は西行東行ホームの間にある柱がユニークです。
この駅は三田線に乗り換えができるため、急行停車駅になっています。
都営の優等列車は都営同士の乗換駅を優遇しています。
副名称に専修大学前の表示がありますが、
専修大学は九段下駅からでも行けます。
その他、共立女子大学や明治大学、日本大学と大学が集中してあります。


神保町駅を出ます。
上の靖国通りがくねくねしているため、
下を走る新宿線もカーブが入ります。

S07、小川町(おがわまち)Ogawamachi


島式2線の駅です。
東京メトロ千代田線と丸ノ内線に乗り換え出来ますが、
それぞれ新御茶ノ水駅、淡路町駅と、駅名がバラバラです。
新宿線の小川町駅が出来るまでは、
新御茶ノ水駅と淡路町駅は乗換駅ではなかったのですが、
今は両駅が繋がったので、乗換駅になっています。


小川町駅は丸ノ内線の淡路町駅と近く(改札口が隣同士)、
誤乗車しやすいので、ホーム番号は丸ノ内線と通番になっています。
一方、千代田線の新御茶ノ水駅は乗り換え通路をかなり歩きます。


小川町駅からシールドトンネルになります。

S08、岩本町(いわもとちょう)Iwamotocho


2面3線の駅です。
中線は各駅停車の退避線として使われていますが、
かつては京王からの乗り入れ電車の折り返しに使われていました。
急行の運転開始後は、中線が急行の通過線になっていて、
この駅をトロトロ通過していたのですが、
森下駅の停車時間を捻出するために、
急行は本線を通過するようになりました。
駅は神田川を挟んでいますが、秋葉原駅が近いです。
ただ、連絡扱いはしていません。


中線で退避する各駅停車です。
すっかり急行通過待ちが定着しました。


岩本町駅を出ると中線と合流します。

急いで行こう・都営新宿線3

川柳五七の電車のページ1Mへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ