急いで行こう・都営新宿線1

都営新宿線(10号線)は、
新宿駅から千葉県の本八幡駅までの23.5KMを結んでいます。
10号線計画の全容は多摩ニュータウンと千葉ニュータウンを結ぶと言う壮大なもので、
多摩ニュータウンへは京王帝都電鉄(現・京王電鉄)に乗り入れ、
千葉ニュータウンへは千葉県営鉄道に乗り入れて、
10号線は両者の間を結ぶ線として計画されました。
比較的10号線は建設を急ピッチに進められ、
昭和47年に計画が固まると、すぐ着工になりました。
その際、東京都側は浅草線と共通の1435ミリ軌間にしたかったので、
1372ミリから1435ミリへの改軌するようを京王に要求しました。
しかし、京成が改軌したときとは時代が変わり、
京王は利用客の急増逼迫でとても改軌工事が出来る状態ではありませんでした。
京王は改軌をかたくなに断り、結局東京都が譲歩する形で、
1372ミリと言う特殊軌間で建設することになりました。
そのため、1号線、6号線、10号線はバラバラの軌間になってしまい、
それぞれの路線で工場が必要な不経済な状態になってしまいました。
そして、計画から6年で最初の区間の岩本町〜東大島間が開通しました。
開通前に路線の愛称を1号線、6号線ともども公募で決め、
10号線は都営新宿線になりました。
新宿線は開通時から路線名が確定していた唯一の都営地下鉄の路線です。
昭和55年に新宿〜岩本町間が開通すると、
京王との相互直通運転が開始されました。
(延長後もしばらく、京王の車両の乗り入れ区間は岩本町駅まででした。)
それから順次延伸し、平成元年に本八幡駅まで開通しました。
しかし、本八幡駅から先の千葉県営鉄道は、
千葉ニュータウンの事業縮小のあおりを受けなかなか着工できず、
結局、計画が白紙になってしまいました。
千葉県営鉄道の開通の際は、
東京メトロ東西線のように郊外区間で優等列車を運転出来るよう、
瑞江駅に通過設備を造ったのも水の泡になってしまいました。
ただ、いざ開通してみると東西直通の路線としてかなり便利なので、
平日データイムに、岩本町駅の2面3線と瑞江駅の通過線を使って、
線内のみの急行を運転してみることにしました。
これが結構好評だったので、その後、休日のデータイムにも運転するようになり、
京王の急行と通しで運転されることになりました。
急行は新宿〜本八幡間を各駅停車より10分ほど速く走り、
新宿から千葉方面に行く時はかなり便利になりました。
利用客は順調に推移し、新宿線は都営にしては収益が高い路線になりました。

ただ、新宿線の欠点として、駅が画一的デザインと言うことがあげられます。
殆どの地下駅の壁は縦型ボードを並べたもので、
各駅のデザインの相違が全くありません。
そのため、新宿線の駅は個性がないと言えます。
(その反省は大江戸線で生かされます。)
ただ、各駅をよく見ると、開削工法、シールド工法、
駅が深い、駅が浅いなど、四苦八苦して造った路線なので、
構造的には結構個性があったりします。



S01、新宿(しんじゅく)Shinjuku


都営新宿線の新宿駅は島式2線です。
駅の管理は京王が行なっているので、
駅サイン関係は京王のものになっています。
この新宿駅は「京王新線新宿駅」と区別されることがあります。
これは、京王線方面からこの駅どまりの列車の設定があるからです。
(この駅どまりの列車を「新宿行き」にしてしまうと、
幡ヶ谷駅と初台駅に停車するかどうか分からなくなってしまいます。
そのため、この駅どまりの列車を「新線新宿行き」としています。)
初台駅方向に引き上げ線があり、
万が一京王のダイヤが乱れても、
都営新宿線は運行できるような体制になっています。
駅の位置はJR新宿駅から見て南西の方角にあります。
都営大江戸線と京王線の乗り換えは比較的時間がかかりませんが、
東京メトロ丸ノ内線は離れすぎているので、
連絡扱いはしていません。
東京メトロ丸ノ内線とは次の新宿三丁目駅が連絡扱いになっています。


ホーム中央付近です。
さすがに新宿駅は利用客があります。


新宿駅を出ます。
すぐJRの下を通ります。

S02、新宿三丁目(しんじゅくさんちょうめ)Shinjuku-Sanchome


島式2線の駅です。
東京メトロ丸ノ内線と副都心線に乗り換え出来ますが、
やや歩きます。
新宿〜新宿三丁目間は東京メトロ丸ノ内線が0.3KMしかないのに対し、
都営新宿線は0.8KMあります。
それだけ新宿駅と新宿三丁目駅がお互いずれていると言えます。


三越アルコットや伊勢丹の案内がありますが、
両者ともかなり歩きます。


都営新宿線は地下鉄では珍しく編成が統一されてなく、
8両編成と10両編成の2種類があります。
8両編成の電車は止まらない位置があるので、
乗車目標の表示を大きくして見やすくしています。


新宿三丁目駅を出ます。
ビルの下などを走るのでシールドトンネルになっています。

S03、曙橋(あけぼのばし)Akebonobashi


相対式2線の駅で、ホームはカーブを描いています。
曙橋は外苑東通りの陸橋の名前です。
中央大学が近くにあるので、
駅名板の下に副名称として、
「中央大学(ロースクール・アカウンティングスクール)前」の表示があります。


急行通過駅は通過電車の注意を促す表示があります。
急行通過駅は瑞江駅以外時速55KMに一旦落として、
駅通過中にまた速度を上げると言う通過方法がとられています。
これはトンネルの空気圧による突風を防止するためです。


曙橋駅を出ます。細かいカーブが続きます。

急いで行こう・都営新宿線2

川柳五七の電車のページ1Mへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ