複雑ダイヤ・都営浅草線4

A14、人形町(にんぎょうちょう)Ningyocho


島式2線の駅です。東京メトロ日比谷線に乗り換え可能です。
人形町は昔、人形の芝居小屋が沢山あり、
多くの人形師たちが暮らしていたそうです。


人形町駅のホームはカーブしています。


人形町駅を出ます。次は東日本橋駅です。

A15、東日本橋(ひがしにほんばし)Higashi-Nihombashi


相対式2線の駅です。
新宿線の馬喰横山駅やJR総武快速線の馬喰町駅にのりかえが可能で、
利用客が比較的あります。
そのため、エアポート快特停車駅になっています。
ただ、JR総武快速線の乗り換えは結構通路を歩きます。
また、新宿線も駅の位置が離れていて、乗り換えに時間がかかります。


東日本橋駅は「問屋街」という副名称が付いています。
駅周辺は繊維問屋が多いです。

A16、浅草橋(あさくさばし)Asakusabashi


島式2線の駅です。
JR総武緩行線に乗り換え可能駅ですが、
エアポート快特は通過します。
南に流れている神田川に浅草橋があるのですが、
浅草までは距離があります。
しかし、かつては浅草橋が浅草地区の入口でした。
ここら辺も問屋が結構沢山あります。


浅草橋駅を出ます。
上下線の間に引き上げ線があります。

A17、蔵前(くらまえ)Kuramae


相対式2線の駅です。
ここら辺の区間は島式と相対式が交互になっています。
かつてあった蔵前国技館への利便性を考えた位置に駅を設置しました。
しかし、国技館は両国に移転になってしまいました。


一応蔵前駅は大江戸線に乗換えができるのですが、
一旦地上に出て、300メートル近くも歩かなければなりません。
しかも、大江戸線は交差点を左に曲がったところにあり、
場所が分かりにくいです。
こんな不便な乗り換えになったのは、
浅草線が北に駅を移設することが出来ず、
大江戸線も南側に線路を通すことができなかったからです。
さすがに都営同士の乗換駅でも、乗り換えが面倒なので、
エアポート快特はこの駅を通過します。


蔵前駅を出ると次は浅草駅です。

複雑ダイヤ・都営浅草線5

川柳五七の電車のページ1Mへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ