複雑ダイヤ・都営浅草線3

A10、新橋(しんばし)Shimbashi


相対式2線の駅です。
新橋駅は柱が赤いのが特徴です。
他の都営地下鉄との乗換駅ではありませんが、
エアポート快特が停車します。
なお、大江戸線の汐留駅まで地下道で繋がっているのですが、
連絡駅扱いしていません。
JR、東京メトロ銀座線、ゆりかもめに乗り換え出来ますが、
東京メトロ銀座線は少し離れています。
新橋の隣にある汐留地区が再開発され、
駅周辺は発展してきています。


新橋駅の駅名板は都営浅草線では珍しい帯タイプです。


新橋駅を出ると急カーブになります。

A11、東銀座(ひがしぎんざ)Higashi-Ginza


一応相対式2線の駅ですが、
北行南行ホームの間に道路が挟まっているため、
お互いのホームが見えません。
また、北行南行ホームは改札内で繋がっていないので、
改札に入る時、注意が必要です。
銀座の裏手にある駅ですが、銀座駅までは地下道で繋がっています。


(新橋駅方向撮影)
南行ホームです。内装は全く同じです。


東銀座駅にあった通路案内板。
走っている車両が今はなき浅草線5000形電車で、しかも、旧塗装です。
かなり設置が古いと推測されます。


東銀座駅から繁華街の下を走ります。

A12、宝町(たからちょう)Takaracho


相対式2線の駅です。
一つ先の大通りに銀座線の京橋駅があります。
宝町〜日本橋間にデルタ線を造り、東京駅に乗り入れる計画があります。


次の駅はエアポート快特停車駅の日本橋駅なので、
次駅停車の表示があります。


宝町駅を出ます。

A13、日本橋(にほんばし)Nihombashi


開通時は「江戸橋」駅でした。
東京メトロ東西線が開通し、日本橋駅との連絡駅になったのですが、
しばらく駅名変更は行わず、
平成元年になってやっと「日本橋駅」に駅名変更しました。
日本橋より江戸橋が近いため、駅名変更に躊躇したのだと思います。
駅は相対式2線で、エアポート快特停車駅になっています。
浅草線の日本橋駅は東京証券取引所に近いです。


浅草線の停車駅案内図です。
使い慣れた人でないと複雑すぎて分かりません。


日本橋駅を出ます。

複雑ダイヤ・都営浅草線4

川柳五七の電車のページ1Mへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ