首都横断・東京メトロ東西線6

T17、葛西(かさい)Kasai


相対式2線の間に、A線B線通過線がある駅です。
大部分の快速列車は、この駅で先発の各駅停車を抜かします。
高架下には東京メトロの地下鉄博物館があり、
副名称に「地下鉄博物館前」が付いています。
葛西駅は丁度環七通りの上にあります。


葛西駅を出ると渡り線があります。


カーブを曲がります。


やがて高いトラスが見えてきます。


旧江戸川を渡り、とうとう千葉県に入ります。


江戸川を渡るとすぐカーブです。

T18、浦安(うらやす)Urayasu


相対式2線の駅で、快速停車駅です。
日本の地下鉄では唯一の単独市代表駅です。
開通時は東京都23区の隣ながら、
「東葛飾郡浦安町」と言う静かな漁村だったのですが、
東西線が開通すると爆発的に人口が増え、
埋立地で町域も広がったので、
利用客は急激に増えました。
東葛飾郡浦安町は昭和56年に市制施行され、浦安市になりました。
浦安駅は今のJR京葉線が開通する前は、
東京ディズニーランドの玄関駅にもなっていました。
駅周囲はマンションや雑居ビルばかりで、
開通当時の長閑さは全くありません。


浦安駅を出るとすぐカーブです。


直線になります。
快速は時速100KMで飛ばします。


まもなく南行徳駅です。

首都横断・東京メトロ東西線7

川柳五七の電車のページ1へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ