カーブを縫って・東京メトロ日比谷線6

H20、南千住(みなみせんじゅ)Minami-Senju


高架上にある相対式2線の駅です。
JRやつくばエクスプレスに乗り換え出来ますが、
乗り換え客は少なめです。


南千住駅を出るとシーサスがあります。


千住検車区への線路が右に分かれていきます。
なお、日比谷線は千住検車区だけでは容量が足りないため、
東武伊勢崎線竹ノ塚にも竹ノ塚検車区があります。


隅田川を渡ります。
隣の黒いトラス橋はつくばエクスプレス線です。


つくばエクスプレス、JR常磐線と併走します。


架線はインテグレート架線になっています。
なお、JR常磐線もつくばエクスプレス線もインテグレート架線になっています。


京成電鉄の下をくぐります。


横のつくばエクスプレスがのぼり勾配で高架にかけのぼります。
日比谷線もさらに急なのぼり勾配で高架にかけのぼります。


急カーブを曲がると終点北千住駅です。

H21、北千住(きたせんじゅ)Kita-Senju


2面3線の駅で、中線は北千住始発用になっています。
昔は東武伊勢崎線とあわせて2面4線の駅だったのですが、
あまりの混雑で危険な状態だったので、
駅を2層式にし、1階を東武伊勢崎線、2階をコンコース、
3階を日比谷線のホーム(東武伊勢崎線直通も含める)にしました。
千代田線とは改札内で乗り換えができるのですが、
地上3階にある日比谷線と、
地下2階にある千代田線の乗り換えは便利とは言えません。


北千住駅は開放感のある明るい駅です。
となりのつくばエクスプレスは同じ3階、
JRと東武伊勢崎線は1階にホームがあり、
構造が複雑です。

川柳五七の電車のページ1へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ