カーブを縫って・東京メトロ日比谷線2

H04、六本木(ろっぽんぎ)Roppongi


相対式2線の駅です。
最近までは閑静なところにある駅だったのですが、
六本木ヒルズが完成し、
平日はサラリーマン、休日は家族連れが多く利用する駅になりました。
都営大江戸線に乗り換えができるのですが、
都営大江戸線は地中深くに駅があり、
乗り換えはあまり便利とはいえません。


六本木駅は途中でカーブが入っています。
A線B線の間にある支柱は、鉄管を両側に取り付けて補強しています。


六本木ヒルズは一番広尾駅よりの1C出口が最寄です。


六本木駅を出ます。
カーブが多く、時速40キロメートル前後でノロノロ走るので、
駅間が長く感じられます。
六本木〜神谷町間は途中、
南北線と交差する地点があるのですが、駅はありません。

H05、神谷町(かみやちょう)Kamiyacho


神谷町駅は相対式2線になっています。
東京タワーは、都営三田線の御成門駅、
都営大江戸線赤羽橋駅が最寄り駅ですが、
この駅からでも近いです。


神谷町駅の中央の線路部はやや高天井になっています。


神谷町駅を出ます。

H06、霞ヶ関(かすみがせき)Kasumigaseki


島式2線の駅です。
国の重要機関の集まっているところで、
駅周辺は官庁街になっています。
南側に千代田線、北側に丸ノ内線があり、
駅のホーム配列は「コ」の字型になっています。


5ドア車両のお知らせ。
日比谷線の一部の列車は、前後2両が5ドアになっている車両があります。
これは、日比谷線の各駅の階段がホームの端にあることが多く、
列車の前後が混雑するからです。
しかし、5ドア車はシートにかけられる人数が少なく、
日中は不評です。


霞が関駅を出ると、有楽町線桜田門駅手前で、急カーブになり、
進行方向が北から東へ90度変わります。

H07、日比谷(ひびや)Hibiya


相対式2線の駅で、
ホームはやや屈曲しています。
また、支柱の前後はピンク色の鉄管で補強されています。
千代田線と都営三田線の乗換駅で、
千代田線との乗り換えは比較的楽に出来ます。
また、駅名は異なりますが、有楽町線の有楽町駅も乗換駅扱いしています。
ただ、有楽町線の有楽町駅の乗り換えは不便です。
日比谷は駅すぐ南西に大きな日比谷公園があります。
また、JR線よりには多数劇場があります。

カーブを縫って・東京メトロ日比谷線3

川柳五七の電車のページ1へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ