アジア最古地下鉄・東京メトロ銀座線6

G17、稲荷町(いなりちょう)Inaricho


相対式2線の駅です。
台東区役所の近くにある駅です。また、仏具屋も多いです。


天井を支えるH鋼支柱にも支柱番号がふられています。


線路は直線です。

G18、田原町(たわらまち)Tawaramachi


相対式2線の駅です。
浅草駅よりにつくばエクスプレスが通っているのですが、
つくばエクスプレスには駅はありません。
合羽橋道具街はこの駅が最寄り駅です。


田原町駅の壁上部には沢山の家紋が飾ってあります。
家紋は全部で36種類あるそうです。
駅が出来た当初は家紋だけだったのですが、
その後、営団職員がどこの家の家紋か調査し、
今は家紋に家紋の持ち主を表記しています。
(ただし、一つだけ持ち主不明の家紋があります。)


アジアで一番古い地下鉄区間を走ります。
暗闇にH鋼が光ります。

G19、浅草(あさくさ)Asakusa


終点浅草駅は相対式2線の駅です。
混雑時以外は交互発車になっていて、
1番ホームに停車する電車の方が都営浅草線ののりかえが便利なため、
2番ホームに停車する電車は、
「都営浅草線に乗り換える方は田原町で乗り換えてください」と言う車内放送が流れます。


浅草駅の先に留置線があります。
交互発車するときは引き上げ線としても使われています。
なお、写真を見ると6両停車位置の表示がホーム端ぎりぎりなのですが、
銀座線はTASCと言う自動列車停止装置搭載しているので、
誤差が殆どなく自動に目標位置に停車させることが出来ます。


浅草駅の北側の改札口です。
東武浅草駅に直結していて乗り換えは便利です。


北側改札口横にはなつかしの地下商店街があります。
かつて浅草は東京で一番の繁華街でした。


浅草駅の吾妻橋出口です。
社的な造りが特徴です。通称「赤門」と呼ばれています。

川柳五七の電車のページ1へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ