アジア最古地下鉄・東京メトロ銀座線5

G15、上野広小路(うえのひろこうじ)Ueno-Hirokoji


東京地下鉄道が建設を開始したとき、
ここには駅を設けない予定だったのですが、
三越本店前に三越前駅が出来ると知った松坂屋が、
「うちの店の前にも」と東京地下鉄道に資金提供し、急遽造った駅です。
駅は相対式2線になっています。
都営大江戸線、JR山手・京浜東北線、日比谷線に乗り換えできるのですが、
上野御徒町駅、御徒町駅、仲御徒町駅とすべて駅名が異なっていて紛らわしいです。
終日賑やかな商店街、アメヤ横丁はこの駅が最寄り駅です。


ホーム壁のオレンジラインには、
上野松坂屋前と言う表示があちこちしてあり、
車内放送も「上野広小路・松坂屋前」と放送しています。


東京地下鉄道特有のH鋼鉄柱がずらっと続いています。

G16、上野(うえの)Ueno


上野駅は相対式2線で、ホームが大きくカーブしています。
日比谷線との乗り換えは若干歩きます。


「電車が入ってきます」看板。
銀座線の一部の駅で見られます。
電車が近付くと電球が右から左へと点滅します。


上野駅には第三軌条レールが飾ってあります。
アメリカのベツレヘム社製です。
なお、第三軌条レールを支える碍子は、
銀座線が白、丸ノ内線が茶色となぜか違っています。
隣には例のマーキュリー像が・・・。


第三軌条レールのスライスです。
型枠は製造時のレールの寸法大で、
使用によって磨り減ったことが分かります。


上野駅の日比谷線より出口の上には東京メトロこと、
東京地下鉄株式会社の本社ビルがあります。


そして、銀座線の名所と言えばここ!
東京の地下鉄唯一の踏切です。


踏み切り部には第三軌条レールはなく、
電車は惰性で踏み切り部を通過します。
線路に立ち入らないよう、線路側にもフェンス式遮断機があります。
なお、踏み切りには2本の線が通っていますが、
遮断機のない方は、保線車両置場への線です。


踏み切りを過ぎるとすぐ地下に入っていきます。
隣は保線車両置場です。


反対側は上野検車区の敷地です。
上のビルも東京メトロのものです。


上野検車区です。この検車区は2層式になっていて、
地下にも車庫空間が広がっています。

アジア最古地下鉄・東京メトロ銀座線6

川柳五七の電車のページ1へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ