アジア最古地下鉄・東京メトロ銀座線4

G12、三越前(みつこしまえ)Mitsukoshi-mae


島式2線の駅です。
三越本店の前に地下鉄が通ることになったので、
三越が東京地下鉄道に資金提供し、三越本店の前に駅を造らせました。
駅名もそのまんま三越前になり、デパートの名前が入った珍しい駅名になりました。
駅名は異なりますが、JR新日本橋駅との乗換駅になっています。
ただ、若干離れていて、特に半蔵門線とJRの乗り換えは面倒です。


駅の壁も三越の意向が入っていて、
赤い3本線が入っています。
そのため、銀座線では珍しくオレンジラインが見られません。


三越前駅のエスカレーターは、金ぴかです。
なお、三越前駅は日本の駅で最初にエスカレーターを導入した駅です。


三越前駅を出ます。

G13、神田(かんだ)Kanda


島式2線の駅です。ホーム幅は結構広いです。


神田駅の線路上の天井部はかまぼこ型になっています。


神田駅の天井の低い通路。
背の高い人は普通に歩くと頭をぶつけてしまうので、
首を曲げて歩かなければなりません。


神田駅北側の通路には東京地下鉄道デベロッパーの地下商店街がありました。
今も営業しているのは理容店だけのようです。


殆どの店はブリキ板で塞いでいて廃業しています。


神田駅を出ます。
末広町駅から神田駅まで開通する前、
暫定終点として、萬世橋駅がありました。
萬世橋駅付近は交通の要所だったのですが、
神田川下への勾配区間だったため、
本駅になることなく廃止されてしまいました。

G14、末広町(すえひろちょう)Suehirocho


電気、ゲーム、アニメ、マンガで有名な秋葉原の北のはずれにある駅です。
銀座線にはJR秋葉原駅の横を通りながら駅がないので、
秋葉原に用がある人はこの駅で降りることが多いです。
相対式2線になっています。


末広町駅を出ます。

アジア最古地下鉄・東京メトロ銀座線5

川柳五七の電車のページ1へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ