アジア最古地下鉄・東京メトロ銀座線3

G09、銀座(ぎんざ)Ginza


島式2線の駅です。
駅の建設には、松屋や三越が資金を出しています。
高級店がならぶ銀座の中心地にある駅です。
銀座駅は現在丸ノ内線とも乗り換えられますが、
もともとは乗換駅ではありませんでした。
日比谷線が開通したことにより、両駅が結ばれ、
銀座統合駅となりました。
なお、銀座駅周辺は地下で結ばれていて、
隣の日比谷線東銀座駅も地上に出ずに乗換えが出来ます。


銀座駅の壁は高級感漂う煉瓦調になっています。


銀座駅改札前にあるマーキュリー像。
昭和26年、営団地下鉄のシンボルにと、
笠置季男(かさぎ すえお)に作らせた像です。
なお、この銀座駅だけでなく、東京メトロの主要駅のあちこちに点在しています。
全部で15体あるようなので探してみてはいかがでしょうか?
なお、15体のうち2体は駅でなく、東京地下鉄株式会社本社ビル(上野)と、
地下鉄博物館(葛西)にあります。


銀座駅には地下鉄の父、「早川徳次」の銅像があります。


銀座駅にあった「おが屑箱」・・・。
木造建築現場ではあるまいし、
地下鉄の駅に「おが屑」は出ないと思うのですが・・・??
ぢつは、掃除の時におが屑を使うそうです。
特に人間の嘔吐物の処理には欠かせないそうです。

G10、京橋(きょうばし)Kyobashi


京橋駅は島式2線になっています。
ホーム幅は若干狭いです。
京橋駅一体は繁華街になっています。


京橋駅を出ます。

G11、日本橋(にほんばし)Nihombashi


日本橋駅は新橋駅同様、昔は島式2線のホームだったのですが、
渋谷駅方面ホームを増設したため、
2面2線のホームになっています。
日本橋駅は東西線の他、都営浅草線にも乗り換え出来ます。
しかし、都営浅草線は平成元年まで江戸橋駅と言う別の駅名でした。
日本有数の繁華街で、周辺はデパートなどがあります。
なお、大阪の地下鉄にも「日本橋」駅がありますが、
読み方は「にほんばし」ではなく「にっぽんばし」です。


日本橋駅は高島屋が近くにあり、
車内放送も「日本橋・高島屋前」と放送しています。

アジア最古地下鉄・東京メトロ銀座線4

川柳五七の電車のページ1へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ