大特集・芝川水系の水力発電所4

TAKE5、東京発電・白糸
最大出力650kW/大正5年完成


有名な白糸の滝の少し上流部分にある発電所です。
こちらはこじんまりしています。
東京発電の発電所は分かりにくい所にあることが多いのですが、
ここは大きな道路の交差点すぐ横にあり、すぐに気付きます。


導水管は太いですが、角度は緩いです。


白糸発電所横にあった注意看板。
白糸発電所からの水路はすぐ横で芝川に注ぐのですが、
時折、増水することがあります。
そのため、この発電所にはサイレンがあります。

TAKE6、東京発電・半野
最大出力200kW/昭和22年完成


半野発電所は芝川の支流にあります。


建物は小さく、導水管も細いです。ただ、角度はあります。
うっすら見えるD型腕金装柱の発電所間送電線がこの発電所から出る線です。


変電所部分です。
小規模な変電所で、耐張碍子も配電線で使うものになっています。
変圧器もかなり小型です。


変電所から分岐する発電所間送電線は狩宿発電所に繋がっています。


余談ですが、半野発電所すぐ横には2箇所滝があります。
ついでに見ていくのも良いかと思います。

TAKE7、東京発電・狩宿
最大出力1,700kW/大正8年完成


次は狩宿発電所です。結構目立たないところにあります。


半野発電所からの発電所間送電線は狩宿発電所に引き込まれます。


発電所の建物には堂々と安全第一の看板が貼っています。
大きさは中規模な感じです。


導水管はやや細めで、角度が急です。


変電所です。ここから2回線の送電線が分岐しています。


2回線送電線の最初の鉄塔は、
左右にそれぞれ1回線を横配列する変わった鉄塔です。

大特集・芝川水系の水力発電所5

川柳五七の電線のページ6へ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ