電線・用水ファン必見!秘境橘3
(田口・広桃編)


広瀬川沿いを通る広瀬川線。


そして、いよいよ広瀬川線の終点になります。終点は発電所の変電設備です。
なぜか最後の広瀬川線鉄塔だけ標準の1回線鉄塔(上1:下2)になっています。


最後の鉄塔下は木柱が数本立っていて、
細い線で繋がっていました。遮蔽線でしょうか?
この下は作業場化していますが、
立ち入り禁止区域なのでよく見えません。


この発電所は群馬県企業局田口発電所です。
関根発電所から北へ2.5KM程行ったところにあります。


田口発電所には群馬県企業局坂東発電事務所もあります。


田口発電所の水門です。あいにく工事中でしたが、
かなり大きな水門です。


水門と発電設備です。左奥には次の発電所の建物が見えます。


田口発電所の変電設備を見ると、広瀬川線のほか、
2回線の送電線が分かれています。


普通の単導体送電線ですが・・・。


プレートを見ると田口線とありました。
広瀬川線同様、東京電力の送電線です。
発電設備は東京電力でなくても送電設備は東京電力なのですね。
なお、田口線は広瀬川の発電所でかき集められた電力を送電する経路のようです。




さて、田口発電所のすぐとなりにもうひとつ発電所があります。
こちらは少々古い発電所のようです。
この発電所は発電所の建物と水門で構成されていますが、
敷地内はきれいに整備されていて、公園のようになっています。


看板を見ると日本カーリット広桃発電所とありました。
個人企業の発電所のようです。


広桃発電所に流れ込む水路です。かなり流量があります。
増水時は横の放水路に増水分の水が流れ込み、利根川に流れるようになっています。


広桃発電所から出てる送電線はなんとCVTの送電線です。
CVTながら架空地線付で、GWキャップで支持されています。

電線・用水ファン必見!秘境橘4

川柳五七の電線のページ5へ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ